このページの本文へ

ファーウェイ、米国の制裁にもかかわらず、地球に優しく、持続可能なビジネスを着実に行う

Huawei Technologies Co.,Ltd
2021年08月10日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Huawei Technologies Co.,Ltd
エコノミスト・グループの新しいドキュメンタリーは、ファーウェイがどのように新しい世界の未来を切り開いているかを探ります。


20210809日:ファーウェイは、エコノミストの公式サイトで、刺激的な新しいドキュメンタリーを公開したことを誇らしく発表しました。このドキュメンタリーは、イノベーションIII と題され、イノベーション・ドキュメンタリー・シリーズの第3弾でファーウェイが革新的な技術を用いてどのように地球の環境保護に貢献していくのかを探るものです。ファーウェイは、欧米の制裁を恐れず、世界の進歩を促すイノベーションに取り組んできました。

世界10カ国、4大陸で展開され、「イノベーション:血と汗と夢」は、イノベーションの起源を探る新しいドキュメンタリーシリーズです。 最終回となる今回は、地球のより良い未来に向けたファーウェイの貢献についてご紹介します。世界中で大きな話題を呼んでいるこのシリーズの第3弾は、「イノベーションEP03:未来を切り開く」と名付けられています。現在、世界が注目している熱帯雨林保護、海洋保護、自動運転技術などの分野におけるファーウェイの貢献と、これらの分野でファーウェイがどのように知的な未来を創造できるかを取り上げています。

「ファーウェイの携帯電話は、コスタリカの熱帯雨林監視でレインフォレスト・コンサベーション・グループに広く使用されており、その信頼性の高さから、ファーウェイの携帯電話を通じて2,500平方キロメートル以上の土地が保護されています。」と、違法伐採から熱帯雨林の保護を支援する非営利団体「レインフォレスト・コネクション(RFCx)」のCEO、トファー・ホワイトは言いました。先月、RFCxとファーウェイの「ネイチャーガーディアン」プロジェクトは、2021年「Global Mobile(GLOMO)Awards」で「国連SDGsへのモバイル傑出貢献賞」を受賞しました。

さらに、テクノロジーで流れを変えるために2021年3月に発足した、スマートサウンド・ホエールプロジェクトでは、最大80平方キロメートルの範囲でイルカやクジラを検知することができます。このプロジェクトは、ファーウェイのアルゴリズムとクラウド技術に支えられており、水棲哺乳類に壊滅的な影響を与える周囲の騒音公害問題を処理する役割を果たします。

これらのプロジェクトが世界中で順調に運営されていることから、中国と諸外国との貿易は、中国と欧米の間に地政学的緊張をもたらした、米国政府が開始した、いわゆる「貿易戦争」の影響を受けていないようです。中国は、産業・経済のデカップリングと地政学的緊張を生んだ危機に、楽観的で21世紀のグローバリゼーションの精神に忠実であることと、科学研究開発に多くの投資を行うことで対処してきました。

ファーウェイは、若いイノベーターたちが、人類にとって有益なテクノロジーの変化に新たな力を与えてくれると信じています。また、研究や教育への投資は、将来的に私たちの生活をより良いものにするのに役立つでしょう。この観点から、ファーウェイは、特にロボット工学、人工知能、バーチャルリアリティ、5G技術の分野で、変化をもたらす可能性のある多くの技術系スタートアップを支援し続けています。


このドキュメンタリーを見るには、以下のリンクをクリックしてください。
https://bloodsweatanddreams.economist.com

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ