このページの本文へ

Moonstake、2021年8月12日にパートナーのIOSTと共同でウェビナーを開催

Blockstake株式会社
2021年08月06日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Blockstake株式会社
日時:2021年8月12日午後8時(日本時間)

MoonstakeとIOSTのパートナーシップが世界のステーキングの成長をどのように加速させるか




2021年8月12日、Moonstakeは日本時間の午後8時から、戦略的パートナーであるIOSTと共同で開催するウェビナーに開催します。このイベントでは、MoonstakeのウォレットでIOSTのステーキングを可能にするための技術的な協力関係と、ステーキングにおける両者の成長をどのように加速させているかを中心に説明します。このウェビナーは、Moonstakeとのパートナーシップを通じてIOSTのエコシステムがどのように進んでいくか、そして暗号資産ユーザーにとってどのような価値をもたらすかなど非常に有益なものとなる予定です。
IOSTは、オンラインサービスプロバイダー向けに開発されたエンタープライズレベルのブロックチェーンネットワークです。PoB(Proof of Believability)」と呼ばれる独自の画期的なコンセンサス・アルゴリズムを利用しており、すべてのノードがコンプライアンスを維持しながら、高いトランザクション・スループット速度を実現しています。IOSTは、500,000人のコミュニティメンバー、世界20カ国以上、400以上のノード、トップステーキングエコノミーを持ち、イーサリアム、EOS、トロンと並んで豊富なユーザーベースと実際の適用性を持つビッグ4パブリックチェーンの1つです、そして成長しています。
Moonstakeは、2021年5月に技術提携により、IOSTのアカウント作成とともにIOSTのステーキング機能を我々のウォレットに統合することに成功しました。それ以来、様々なプロモーションを行い、貴重なIOST関連情報を多言語で発信し、ウェビナーを開催することでIOSTのエコシステムの拡大に貢献し、1,000以上の新しいIOSTメインネットアカウントの作成を支援してきました。MoonstakeウォレットにおけるIOSTのステーキングについては、Moonstakeはノードパートナーとしてスタートしましたが、6月1日の時点で約1週間でおよそ21M IOSTがステーキングされたことでいち早くServiノードになることができました。現在、MoonstakeのServi Nodeには472人の投票者がおり、81M IOST以上が投票され、全バリデータノードの中で10位にランクされています。
Q&Aの時間も十分に設けておりますので、ご質問等ございましたら、お気軽にお尋ねください。さらに、最も評価の高い有意義な質問をされた2名の方には、それぞれ50ドル相当のIOSTをプレゼントしますので、ぜひ一緒にウェビナーにご参加ください。

ウェビナーについて
TOPIC: MoonstakeとIOSTのパートナーシップが世界のステーキングの成長をどのように加速させるか

日時:2021年8月12日午後8時(日本時間、GMT+8)より

スピーカー:
Lawrence Lin、MoonstakeのCEO
Kuda Samkange、IOSTビジネス開発ディレクター

このウェビナーでは、以下のことを学ぶことができます。

-MoonstakeとIOSTのミッションとビジョンは何か?

-MoonstakeとIOSTの世界的な実績と今後の発展計画は?

-IOSTのような市場をリードするブロックチェーンパートナーをMoonstakeのパートナーとして迎え入れること、また逆にMoonstakeのようなトップクラスのステーキングプロバイダーをIOSTのパートナーとして迎え入れることで、どのような影響があるのか?

-Moonstakeは一連のIOSTキャンペーンで何を達成しようとしているのか?

-MoonstakeとIOSTのパートナーシップには、今後どのようなことが期待できるのでしょうか?

ウェビナーはZoomで開催いたします。参加にはZoomにて、事前登録が必要ですので下記のリンクから登録してください。
申し込みリンク: https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_0oKn20-9QV6HpNpu453gDg

Moonstakeについて

Moonstakeは世界各地域のブロックチェーン市場で高まる需要に答えるステーキングプールプロトコルを開発することを目的に、近年設立されました。Moonstakeはステーキングプールの技術プロトコルを開発し、パートナーや企業にビジネスサービスを提供しています。

Moonstakeは暗号資産保有者にアクティブに活動しやすい環境を提供することで、アジア最大のステーキングプールネットワークになることを目指しています。主要なプラットフォーム提供者と良好な関係を構築し、Emurgo、Ontology、NEOといったコアブロックチェーンに加え、日本最大のブロックチェーンハブであるBinarystar、シンガポール上場企業のOIO Holdings Limited(SGX: OIO)があります。また、LiskやRAMP DEFIのLawrence Limといった業界で著名なアドバイザーによって、Moonstakeの革新的な活動は支援されています。
2020年8月に開始された本格的なオペレーションにより、事業を拡大し、現在のステーキング資産総額は10億米ドルを超えています。

https://www.moonstake.io/


IOSTについて

IOSTは2019年にメインネットを立ち上げて以来、人気を集めているプロジェクトの1つです。

昨今のイーサリアムネットワークの高い手数料と遅い取引時間は、ユーザーにとって大きな懸念材料となっており、IOSTのような新しいソリューションに注目が集まるきっかけとなっています。

Sequoia、Matrix、ZhenFundなどの主要な金融・VC企業に支持されているIOSTは、スケーラビリティ・トリレンマにきっぱりと取り組むために構築された、先駆的な分散型、高スループット、ガス効率の高いProof-of-Believabilityを搭載したスマートコントラクトプラットフォームです。このため、中国のCCIDによる最終ランキングでは、基礎技術部門のブロックチェーンプラットフォームとして、EthereumやEOS、その他のスマートコントラクトプラットフォームよりもIOSTが上位にランクインしています。これは、より優れた革新的な製品を展開するための品質と能力を証明するものであり、この分野で最高峰の存在を目指している私たちにとって喜ばしい結果です。

IOSTは、利用率、性能、実用性の点でパブリックチェーンのリーダーの1つであり、ブロックチェーンの力を世に解き放つというミッションに引き続き取り組んでいます。IOSTは現在、20カ国以上で50万人のコミュニティメンバーを擁し、400以上のノード、トップステーキングエコノミー、世界中で活躍する企業とのパートナーシップ関係など、日々拡大を続けています。


https://iost.io/

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ