このページの本文へ

eGRC市場ーコンポーネント別(サービス、ソフトウェア)、展開モード別(クラウド、オンプレミス)、ビジネス機能別、組織の規模別、業種別、使用状況別、および地域別ーグローバルな予測2030年

SDKI Inc.
2021年08月06日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SDKI Inc.
SDKI Inc.が「エンタープライズガバナンス、リスク、およびコンプライアンス(eGRC)市場ーグローバルな予測2030年」の新調査レポートを2021年08月06日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-108472


eGRC市場は、2022年に438.7億米ドルの市場価値から、2030年までに1,145.8億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に14.7%のCAGRで成長すると予想されています。


調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/egrc-market/108472

規制とコンプライアンスの義務は、eGRC市場の成長を推進する主要な要因です。事業運営を統治するために統治機関によって導入された規則や規制の数の増加は、業界全体の企業にとって不可欠になりつつあります。望ましい結果を達成するために、企業は行動計画を設計およびレイアウトする必要があります。これは、コンプライアンスポリシーを組み込んだ適切なガバナンスとリスク管理の実践を適切に実装することで実現できます。また、eGRCソリューションに対する認識と需要の高まりに応えて、ベンダーは企業が直面している新しい課題をサポートするためにeGRCソリューションを更新しています。利用できるeGRCソリューションとアップデートの数が増えるにつれ、企業はこれらのソリューションをさらに採用するようになっています。これはさらに市場の成長の機会を生み出すことが期待されます。

しかし、規制政策の構造の変化は、eGRC市場の成長の主要な制約になると予想されます。

市場セグメント


eGRC市場は、コンポーネント別(サービス(トレーニングとコンサルティング、統合、サポート)、ソフトウェア)、展開モード別(クラウド、オンプレミス)、ビジネス機能別(財務、IT、法務、運用)、組織の規模別(大企業、中小企業)、業種別(BFSI、電気通信、エネルギーとユーティリティ、政府、健康管理、製造など)、使用状況別(内部、外部)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

サービスに基づいて、統合セグメントは予測期間中に最大の市場シェアを保持すると予想されます。

サービスに基づいて、市場は、トレーニングとコンサルティング、統合、およびサポートに分割されます。統合サービスは、ガバナンス、リスク、コンプライアンス(GRC)ソリューションの展開など、業界のベストプラクティスを統合して組織を支援します。また、組織がこれらのソリューションを最大限に活用できるように支援します。これにより、このセグメントの成長が牽引すると予想されます。

ビジネス機能に基づいて、財務セグメントは予測期間中に最大の市場規模を保持すると予想されます。

ビジネス機能に基づいて、市場はIT、法務、財務、および運用に分割されます。財務GRCは、財務プロセス制御の管理を支援します。これには、役割と職務の分離、内部監査と外部監査の監視、特定の金額を超える経費を許可する権限などのビジネスプロセスが含まれます。

地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。APACの市場は、予測期間中に最大なCAGRで成長すると推定されています。モバイルネットワークの継続的な成長、ビジネスの複雑さの増大、インターネットの規制されていない性質、個人所有のデバイスを持参する(BYOD)の採用の増加などの要因が、APAC地域のeGRC市場の成長を牽引しています。一方、北米地域は、予測期間中に最大の市場シェアを保持すると予想されます。この成長は、運用効率の向上とコストの削減の必要性、ビジネスパートナーシップとアソシエーションの成長、データの使用の増加、および政府の規制とコンプライアンスの義務化に起因しています。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

市場の主要なキープレーヤー
eGRC市場の主要なキープレーヤーには、Microsoft(ワシントン、米国)、BWise(ロスマーレン、オランダ)、SAS Institute Inc.(ノースカロライナ、米国)、IBM Corporation(ニューヨーク、米国)、FIS(フロリダ、米国)、Thomson Reuters(ニューヨーク、米国)、 Wolters Kluwer(Alphen aan den Rijn、オランダ)、MetricStream Inc.(カリフォルニア、米国)、EMC Corporation(マサチューセッツ、米国)、Oracle(カリフォルニア、米国)、SAP SE(ウォールドルフ、ドイツ)などがあります。この調査には、eGRC市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-108472

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ