このページの本文へ

世界のシーケンスイベントレコーダー市場ーマウントタイプ別(ラックマウント、レールマウント)、エンドユーザー別(データセンター、発電、製造、その他、地域ー予測2022-2030年

Kenneth Research
2021年08月05日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「世界のシーケンスイベントレコーダー市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」を2021年08月 04日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10347655


レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

世界のシーケンスイベントレコーダー市場は、2022年に250憶米ドルの市場価値から2030年末までに344憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に4.7%のCAGRで拡大すると予測されます。

イベントのシーケンスは、プラントまたはプロセスのイベントレコーダーのシーケンス(障害の発生と正規化)によって記録されます。それは洗練された監視装置です。オペレーターからエグゼクティブレベルまで、プラントのステータスを監視するために使用できます。電力リソースの効率的な使用への注目の高まり、およびダウンタイムとエネルギーコストを削減するためのさまざまな業界での継続的なイニシアチブが、イベントレコーダー市場の成長を後押ししています。

市場の成長に影響を与える主要なマクロ経済指標

世界の研究開発費(GDPの%)、2015ー2018年



ソース: UNESCO Institute of Statistics

調査レポートの詳細内容について;https://www.kennethresearch.com/report-details/global-sequence-of-events-recorder-market/10347655

さらに、データセンターへの投資の増加と、既存のユーティリティインフラストラクチャの技術的に高度な電力設備への継続的な置き換えは、市場の成長に有利な機会を提供することが期待される要因です。国際エネルギー機関(IEA)によると、世界のエネルギー市場は、老朽化した発電所に取って代わり、世界の高まる電力需要に対応するための新しい資本プロジェクトに焦点を合わせています。2009年には、世界中に設置された総発電容量は4,957GWでした。

5,900GWの総容量の追加は2035年までに完了すると予測されます。効率的なグローバル電力消費制御に対する需要の高まりの結果として、イベントレコーダーのシーケンスがより多く設置され、24時間継続的な電力供給を確保しています。しかし、代替品の容易な入手可能性は、2022ー2030年の予測期間中に市場の成長を妨げる可能性があります。

世界中のインターネットアクセシビリティの継続的な成長、および5G、ブロックチェーン、クラウドサービス、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)などの多くの技術的進歩により、過去20年間の経済成長が大幅に促進されました。 2021年4月の時点で、世界中で45億人以上のユーザーがインターネットを使用していました。さらに、ICTセクターの成長は、GDP成長、労働生産性、研究開発費、および世界のさまざまな国の経済の他の変革に大きく貢献しています。さらに、ICTセクターでの商品やサービスの生産も経済成長と発展に貢献しています。国連貿易開発会議のデータベースの統計によると、ICTの良好な輸出(総良好な輸出の%)は、2015年の10.816から2019年の11.536に世界的に増加しました。2019年、中国の香港特別行政区でのこれらの輸出は、56.65%、東アジア太平洋地域で25.23%、中国で26.50%、韓国で25.77%、米国で8.74%、ベトナムで35.01%に達しました。これらは、市場の成長を後押ししているいくつかの重要な要因です。

市場セグメンテーション洞察

世界のシーケンスイベントレコーダー市場は、マウントタイプ別(ラックマウント、レールマウント)、エンドユーザー別(データセンター、発電、製造、その他(病院、研究所、石油化学、製薬業界)、地域別などによって分割されています。レポートは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

世界のシーケンスイベントレコーダー市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

地域的には、アジア太平洋地域はシーケンスイベントレコーダーの最大の市場シェアを保持しています。クラウドコンピューティング、経済の成長、進行中のインフラストラクチャ開発プロジェクトとインターネットの普及の増加など要因は、市場の成長を促進することに貢献しています。ABB, Schneider Electric, Delta Electronicsは、アジア太平洋地域におけるデータセンター電源ソリューションの大手プロバイダーです。ヘルスケア、製造、BFSI、小売、および電気通信分野への投資の増加は、オーストラリアや中国を含む国々でアジア太平洋地域の発展と経済成長をもたらしました。

世界のシーケンスイベントレコーダー市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

主要企業
世界のシーケンスイベントレコーダー市場における業界のリーダーはSchweitzer Engineering Laboratories、Yokogawa Electric Corporation、Cyber Sciences、Ronan Engineering Company、Pacific Microsystems、E-MAX Instruments、General Electric、Rockwell Automation、Schneider Electric、Mitsubishi Electricなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10347655

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ