このページの本文へ

クラウドエンジニアリング市場ーサービスタイプ別(コンサルティングと設計、クラウドストレージなど)、サービスモデル別、組織の規模別、展開モデル別、業種別、および地域別ーグローバル的な予測2030年

SDKI Inc.
2021年08月03日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SDKI Inc.
SDKI Inc.は、「クラウドエンジニアリング市場ーグローバル的な予測2030年」新レポートを2021年08月03日に発刊しました。この調査には、クラウドエンジニアリング市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-108582


クラウドエンジニアリング市場は、2022年に134.3億米ドルの市場価値から、2030年までに578.6億米ドルに達すると推定され、予測期間中に23.2%のCAGRで成長すると予想されています。


調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/cloud-engineering-market/108582

クラウドエンジニアリング市場は、ビジネスの俊敏性の必要性、展開とスケーラビリティの高速化、世界中の企業におけるクラウドに対する意識の高まり、所有コストの削減などの要因によって推進されています。また、クラウドコンピューティングサービスの急速な適応も市場の成長に貢献しています。さらに、技術の進歩によりIoTデバイスが増加しており、それによってクラウドサービスの需要が高まりました。クラウドストレージ容量の増加、運用コストの削減、マクロのトレンドも、市場の成長にプラスの影響を与えています。さらに、費用効果の高い製品ポートフォリオへの投資の増加、および研究開発への投資の増加は、市場に成長の機会を生み出すことが期待されています。しかし、企業は、サードパーティのサービスやクラウド対応のソフトウェア開発環境の開発中にいくつかの障害に直面しています。これにより、市場の成長が抑制する可能性があります。

市場セグメント

クラウドエンジニアリング市場は、サービスタイプ別(コンサルティングと設計、クラウドストレージ、トレーニングと教育、DevOps、統合と移行、クラウドセキュリティ)、サービスモデル別(サービスとしてのインフラストラクチャ、サービスとしてのプラットフォーム、サービスとしてのソフトウェア)、組織の規模別(大企業、中小企業(SME))、展開モデル別(パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド)、業種別、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

サービスタイプに基づいて、クラウドストレージセグメントは予測期間中に最も速い成長率を示すと予想されます。

クラウドストレージを使用すると、企業はインターネットを介してデータを保存、アクセス、共有でき、スケーラビリティ、可用性、耐久性、セキュリティのメリットが得られます。エンジニアードストレージサービスは、ライフサイクル管理ポリシーとコンプライアンス要件に従ってクラウドストレージを提供します。総所有コスト、展開にかかる時間、および情報管理は、クラウドストレージを使用する主な利点です。これにより、このセグメントの成長が促進されると予想されます。

地域概要

クラウドエンジニアリング市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米は、予測期間中に最大の市場シェアを保持すると予想されます。組織がデジタルビジネス戦略の採用の増加につれ、クラウドベースのサービスに移行しているため、この成長が期待されています。さらに、組織は、競争上の優位性を獲得し、事業運営を改善するために、高度なテクノロジーに多額の投資を行ってきました。これは、地域の市場の成長を推進することが期待されます。一方、アジア太平洋地域は、世界のクラウドエンジニアリング市場で最も急速に成長している地域です。APACの高い成長率は、この地域の前向きな経済見通し、情報技術(IT)インフラストラクチャへの支出の増加、および運用上の問題を改善するための設計されたプラットフォームの傾向などの要因に起因しています。

市場の主要なキープレーヤー

クラウドエンジニアリング市場の主要なキープレーヤーには、Sogeti(フランス、ヨーロッパ)、Aricent Inc.(カリフォルニア、米国)、Trianz(カリフォルニア、米国)、GFT Technologies SE(ドイツ、ヨーロッパ)、Engineering Ingegneria Informatica SpA(ローマ、ヨーロッパ)、Rapidvalue Solutions Inc.(カリフォルニア、米国)、ITC Infotech(カルナータカ州、インド)、Nitor Infotech(マハラシュトラ、インド)、Softcrylic LLC(ミネソタ、米国)、Calsoft Inc.(カリフォルニア、米国)、Searce Inc.(テキサス、米国)、VVDN Technologies(ハリヤーナ、インド)などがあります。この調査には、クラウドエンジニアリング市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-108582

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ