このページの本文へ

Lazuli株式会社 食品、飲料業界に向けた新たなAIソリューション「Lazuli PDP for F&B」の提供を本格開始

Lazuli株式会社
2021年08月03日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Lazuli株式会社
~食品や飲料の商品データを名寄せ・正規化・必要な情報を付与する、データ統合基盤を構築するSaaSのプラットフォーム~

AI技術を活用した、クラウド製品マスタ「Lazuli PDP」の開発・提供を行うLazuli株会社(本社:東京都文京区、代表取締役:萩原 静厳、以下Lazuli)は、8月3日より、食品、飲料の業界向けに、商品に関するデータを統合・管理するためのデータ基盤を構築し、商品情報をデジタル施策に活用するためのAIソリューション「Lazuli PDP for F&B (Food and Beverage)」の提供を本格的に開始します。


食品、飲料業界では多くの企業が、マーケティングデータの分析やオンラインビジネスの推進、AIの活用などに取り組んでいます。その中で必要になってくるのが、商品情報の入手、名寄せ、分析に必要な追加情報の生成ですが、これは多くの人手をかけて維持・更新をしなければならない、という実態があります。そして、商品情報を実際に分析やEC等に活用できる形にするためには、労働集約的に対応するか、諦めるしかない、という課題があります。


Lazuliが開発し、提供する食品・飲料業界向けソリューション「Lazuli PDP for F&B」は、食品、飲料の商品情報に関する名寄せ、正規化、特徴などの情報の付与をSaaSの形で顧客企業に提供します。食品メーカーや飲料メーカー、また食品や飲料のデータを分析する企業などに対し、商品情報の収集、整理、拡張により、POSデータに代表される顧客データ分析やEC、AI活用の加速を実現します。本ソリューションの提供により、商品情報を他のシステムやツールと連携させて活用できる基盤が構築でき、食品や飲料領域でDXを進めている企業にとって、より深い顧客理解と顧客体験価値向上の実現が期待されます。





また、Lazuliでは、すでに複数の大手企業とのPoCを重ねており、2021年後半には、大手食品加工・卸、及び飲料メーカーによる本格導入を予定しています。Lazuliでは、食品・飲料業界向けソリューション「Lazuli PDP for F&B」の提供により、2021年内に5社の導入を目指します。





* Lazuli PDPとは
Lazuliが開発、提供する「Lazuli PDP」は、複数の外部データベースに点在していた商品情報を一括して管理し、またデータを活用しやすい形に整理、拡張するためのPDPです。メーカーや小売業者、製薬業者などが保有する多様な商品マスタデータを、AIを活用して名寄せし、効能や製品の特徴からメタタグの付与や関連付けを行います。これらの情報が「NINJA DB」に格納され、「Lazuli PDP」として、ユーザーに提供されます。

<Lazuliについて>
Lazuliは2020年7月に設立されたスタートアップです。高度なAI技術とクラウドを駆使し、AI商品マスタとして、世界中の商品情報をビジネスに関わる誰もが利用できるSaaSの開発と、提供を進めています。商品が製造、流通、販売される中で、企業間、あるいは企業内においても、商品に関するデータはスムーズに同期されていないのが現状です。これがDXを阻害している大きな要因の1つと考えています。Lazuliはこれを解決すべく、ビジネスに携わる人が容易に商品の情報にアクセスできるSaaS型クラウド製品マスタLazuli PDPを開発・提供しています。
https://lazuli.ninja/

「Lazuli」とそのロゴ、記載されている製品・サービス名などは、Lazuliの商標・登録商標です。無断複写・転載を禁じます。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ