このページの本文へ

画期的な産業用ドローンシステムーPowerVision 「True Drone System」(パワービジョン真ドローンシステム)を発表

臻迪日本株式会社
2021年08月02日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

臻迪日本株式会社
2021年8月2日、水中および水面ロボティクスで世界的に高いシェアを誇るグローバルリーダーであるパワービジョンジャパン(代表取締役:王 珈瑶/所在地:東京都多摩市、以下「PowerVision」)は、新世代の産業用ドローン製品であるPowerVision「True Drone System」(パワービジョン真ドローンシステム)を正式に発表しました。


PowerVision「True Drone System」は、ドローン+インテリジェントな格納庫+クラウドシステムの組み合わせにより、ドローンの飛行、巡航、データ収集を一元化し、従来の産業界のドローン技術のボトルネックを解消しました。飛べない、操縦士がいない、遠距離飛行、低効率、高コスト、持続不可能などの「ペインポイント」を見事に解決し、電力検査、環境保護モニタリング、スマートシティ管理、地域セキュリティ、情報マッピングなど、様々な産業でインテリジェントな自律飛行やデータ収集が可能になります。



インテリジェント格納庫「PowerVision Dock」と8Kドローン「PowerEgg X」で構成されるPowerVision「True Drone System」は、全体のサイズがわずか570×400×250mm、格納庫の総重量がわずか15.8kgと、世界最軽量の自律型ドローンシステムです。 ハンガーの総重量は15.8kgで、大きな機械的なリフトを必要とせず、一人で簡単に設置・展開することができます。 人工知能技術により、PowerVision「True Drone System」は、ドローンの離着陸、巡航、充電の完全な自動管理を実現しており、操作プロセス全体が人の手を介さない真の無人化となっています。 このシステムは、1つのポイントから半径5kmをカバーし、チェーンネットワークを介して100kmの範囲をカバーするように拡張することができ、長距離の送電線塔の点検、河川の点検、スマートシティの広域カバー、遠隔地の森林パトロールなど、多くのシナリオのニーズを効果的に満たします。


様々な業界での屋外操作の基準を満たすために、PowerVision DockスマートハンガーはIP55の保護等級を持ち、様々な環境での防塵・防水の要件に対応しています。 インテリジェントな温度制御システムを搭載し、-20~45℃の周囲温度でもシステム全体が正常に動作するようになっています。 インテリジェントな気象モニタリングシステムにより、周囲の温度、雨、雪、風などの外部条件を継続的に監視し、それに応じて判断を下すことで、あらゆる天候や複数のシナリオにおいてシステムの安全な動作を保証します。

最大4800万画素の写真を撮影できる1/2インチCMOSセンサーを搭載し、8K超高精細動画撮影に対応、プロペラやESCからシステム全体までの電力効率を最適化し、34分間の耐久性を向上させました。カメラは新しいデジタル画像伝送技術を採用し、2.4G通信に対応し、ノイズ検出と自動周波数ホッピング機構により、強力な抗干渉能力を持ち、FHDフルHDのリアルタイム画像伝送に対応し、最長の通信距離は12kmに達します。(日本仕様では最長8kmとなります。)

PowerEgg X 8Kドローンは、前向きの双眼鏡と下向きの双眼鏡のビジョンセンサーを搭載し、飛行中の強力な環境認識、位置決め、障害物回避機能を備えており、飛行の安全性と安定性を大幅に向上させています。 十分な動力システムの設計で、この機の動力は十分で、7級の強風に対応することができ(樹木全体がゆれ、風に向かっては歩きにくい程度)、劣悪な条件下でも正常な飛行作業を保障することができます。新設計の補助ライトシステムは、環境の状況を感知することができ、暗い環境下では、離着陸の際に自動的に補助ライトを自動的に点灯させることができ、安全で正確な着陸とスムーズな帰還を可能にします。

技術の進歩に伴い、近年無人機は公安、交通、林業などの政府機関及び電力、エネルギー、安全防止などの業界で広く応用されているが、現存する無人機は人が操作する事が比較的多い。その場合には民航局が授与した無人機運転免許証を持たなければならず、多くの業界とシーンでの普及使用を大きく制限している。航続制限があり、カバー範囲が限られていること、使用頻度が低いことなどに加え、多くの政府や業界の無人機がプレゼンテーション専用となり、その役割を果たすことができなかった。

電力などの特定業界に対する無人機解決方案は、システムの体積が大きく、重量が重いなどの欠陥が普遍的に存在し、大型機械或いは器材の吊り下げが必要であり、設置過程が複雑で、配備の柔軟性と迅速性に乏しい。

電力など特定の業界向けのドローンソリューションの中には、一般的にシステムが大きく、重いため、吊り上げや設置に大きな機械や設備が必要で、展開の柔軟性やスピードに欠けるという問題があります。


PowerVision 「True Drone System」の導入により、AI知能技術がドローンの離着陸、巡航、充電の全プロセスを管理し、 "知能"と "無人"の飛行を実現するし、 "人の操作"という制約から解放され、使用頻度が大幅にアップしました。 ドローン自身の航続距離や地図伝送性能の向上、チェーンネットワーク機能と組み合わせることで、広範囲かつ長距離のシステムカバレッジを実現し、電力、セキュリティ、スマートシティなどの産業アプリケーションのニーズを十分に満たすことができます。 また、軽量でコンパクトなシステムデザインは、より多くの環境やシナリオでの設置・展開の可能性をもたらします。

電力などの業界の需要に対して、PowerVision 「True Drone System」はRTKセンチメーターレベルの測位、太陽光発電システム、分散型通信拡張システムを提供し、高精度の測位、遠隔地への展開を実現し、木や建物などによる信号の遮断の問題を解決することもできます。 まさにオールウェザー、オールシーンでの使用に対応しています。

PowerVision 「True Drone System」の発売は、iPhoneが携帯電話を "フィーチャーフォン"から "スマートフォン"の時代に押し上げたように、業界のドローン市場に革命的な進歩をもたらしました。 "True Unmanned "なインテリジェントフライトで、1兆ドル規模の産業であるドローンを新時代へと導きます。

商品URL:https://www.powervision.me/jp/product/powervisiondock

商品URL:https://www.powervision.me/jp/product/powereggx8k

【会社概要】


会社名:臻迪日本(シンテキニホン)株式会社
国内通称:パワービジョンジャパン
事業内容:AI, ICT, ロボティクス, カメラ関連製品の開発・製造・販売
所在地:東京都多摩市落合1-15-2 多摩センター トーセイビルB1階

公式サイト:https://www.powervision.me/jp/
Twitter:https://twitter.com/PowerVisionJP
Instagram:https://www.instagram.com/powervisionjapan/
Facebook:https://www.facebook.com/PowerVisionJapan/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCjH71kC4HehGJhjDXiYxv2Q

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ