このページの本文へ

VoC解析のInsight Techが、市場の声に基づき生活者本位の経営を実現する「VoC経営」についてまとめたホワイトペーパーを公開

株式会社 Insight Tech
2021年08月02日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社 Insight Tech
VUCA時代のニューノーマル 何故今VoC経営なのか ~顧客の声は新たな経営資源~


株式会社 Insight Tech(東京都新宿区、代表:伊藤友博、以下 Insight Tech)は、生活者の行動様式が様変わりし、不確実性が高まっている現代において、VoC(顧客の声)に基づいた生活者本位の経営への転換が求められていることに鑑み、その実現を後押しする取り組みとしてホワイトペーパー「何故今VoC経営なのか」を公開しました。

ホワイトペーパーは下記より無料でダウンロード可能です。
https://insight-tech.co.jp/downloads/voc03.html


https://insight-tech.co.jp/downloads/voc03.html


■本書の目的
「顧客の声を耳を傾けよう」というフレーズは昔からよく耳にしますが、
不確実性が高まり新しい生活様式が拡がる2021年、「VoC経営」という掛け声のもとで改めてその重要性が見直されています。VoCとはVoice of Customerの略で、一般に「顧客の声」という意味で利用されます。


VoCについては、サービス提供後のフォローやクレーム対応といった個別対応での活用に留まっており、経営レベルでの活用はできていないといった課題に多くの企業が直面しています。


VoCの活用が重要であると分かっており取り組んでみようと思うものの、売上データのように数字ではないため扱いが難しく、なかなか活用しきれないという悩みをお抱えの企業も多いのではないでしょうか。

本書ではVoCに基づき生活者本位の経営を実現する「VoC経営」が必要とされている背景と、VoC活用にあたり必要な対応について分かりやすく説明しています。
無料でダウンロードいただけますので是非お手に取ってみてください。


■目次
・はじめに
・第1章  何故今VoC経営なのか
・第2章  VoC経営の本質的意義
・第3章  VoC経営の実現に向けた障壁
・第4章  3つの障壁を乗り越える鍵
・Insight Techにできること


■株式会社Insight Techについて
本社  :東京都新宿区西新宿6‒5‒1 新宿アイランドタワー
代表者 :代表取締役社長 伊藤友博
事業内容:マーケティング調査やレポート作成
     自然言語処理・機械学習などの人工知能を利用したデータ解析受託企業
     プロモーションやブランディングサポート
URL  :https://insight-tech.co.jp/


【本件に関するお問合せ先】
株式会社Insight Tech 営業担当
電話:03-3342-6710 メールアドレス:sales@insight-tech.co.jp

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ