メルマガはこちらから

PAGE
TOP

エクストリーム−D、同社初のハードウェア製品「AXXEL One」発表

AXXEL One

 エクストリーム-Dは6月24日、同社初のハードウェア製品となる「AXXEL One」を発表した。

 同社はスーパーコンピューティング関連のスタートアップとして、物理マシンによるスーパーコンピューター共有サービス「AXXE-L by XTREME-D」を提供している。AXXEL OneではAXXE-L by XTREME-Dを組み込むことで、サイジングやシステム構築などサービス導入時の複雑な作業を必要とせずにAXXE-Lを利用可能となる。

AXXE-L by XTREME-D

 システムソフトウェアからインフラストラクチャーまでトータルにサポートすることを念頭に開発。AXXE-L Oneの基盤となる計算ノードサーバー「AXXE-L One for Compute」は、デル製のハードウェアを基にしており、AMDのEPYC 7003シリーズ・プロセッサーとNVIDIA GPU(A100、V100、T4)を採用。最大128コア+1TBメインメモリー搭載可能。

 計算ノードサーバーだけではなく、ログイン、ゲートウェイ、ストレージなどの各種ノードと組み合わせたオールインワンソーリューションとしての提供も予定。また、利用者のデータセンターに設置するだけではなく、エクストリーム-Dのデータセンターで預かり同社が管理・運用を代行するといった利用も可能。

■関連サイト

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

編集者のオススメ記事