このページの本文へ

【申込み開始】『オフショア開発で実現!XR活用セミナー』オンラインセミナー(無料)を6月23日(水)開催~低コストでAR・VRを住宅展示や製造マニュアルに活用~

株式会社One Technology Japan
2021年06月17日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社One Technology Japan
XR活用でサービス、製品や生産性を革新した事例、バーチャル住宅展示場システム、Microsoft HoloLens「MR業務マニュアル・点検保守アプリ」を紹介しオフショア開発の仕方も解説

コロナ禍や働き方改革で私たちの生活様式や働き方が一変しました。その変化のスピードは企業側がDXを進めてきた文脈では追いつかなくなりつつあります。例えば自動車や住宅がインターネットで売れる時代が目の前に迫ってきています。5G、AI、XRなどの技術革新でその流れは一層速くなるでしょう。ONETECHが2015年から力を入れているXR技術ももはやゲームの世界の特別な存在でなく私たちの生活の中に浸透してきています。先端的な取り組みをする企業は生活様式の変化の原因にある技術革新を把握し、取り入れサービスや製品、生産性の改善に反映しています。 本セミナーではオフショア開発による低コストでXR(AR・VR・MR)の活用を実現した事例の紹介や、オフショア開発の活用方法を説明します。またONETECHで取り組んでいる「バーチャル住宅展示場システム:HOUSE DECOR(ハウスデコ)」の紹介、Microsoft HoloLensで制作した「MR業務マニュアル・点検保守アプリ」を紹介します。


『オフショア開発で実現!XR活用セミナー』オンラインセミナー(無料)を開催
ベトナムオフショア開発を展開する株式会社One Technology Japan(本社:神奈川:以下ONETECH)は、
『オフショア開発で実現!XR活用セミナー』セミナーをオンラインセミナー形式で6月23日(水)14時から開催します。セミナーの申し込みを開始しました。


今回のセミナーでは、XRの業務活用事例のご紹介、ベトナムで製品化された「HoloLens MRマニュアルシステム」、弊社が製品化に取り組むバーチャル住宅展示&商談システム「HOUSE DECOR VR」についてもご紹介します。


セミナー内容

・XR活用事例紹介
・バーチャル住宅展示&商談システム「House Decor VR」
・HoloLens MRマニュアル・点検保守システム
・オフショア開発の活用の仕方



バーチャル(VR)住宅展示と商談システム

COVID-19の影響で在宅勤務、テレワークなどの非接触や非対面のコミュニケーションが注目されています。今回のセミナーではバーチャル住宅展示とバーチャル商談のシステムをご紹介します。ユーザーは自宅にいながらPCやスマホで住宅を自分好みにカスタマイズすることができます。その住宅が気に入ればZOOMでオンライン商談予約が可能です。
https://www.youtube.com/watch?v=Zr5pdZC6MiY





ホロレンズ、スマホで保守やメンテナンスなどをAR(拡張現実)でサポート

コロナウィルスの影響や慢性的な人材不足による課題解決としてVR/AR/MRを使った業務改善が加速度的に広がっています。ONETECHではベトナムオフショア開発でお客様のニーズに合わせてVR/AR/MRを使ったソフト開発しています。既に70社以上200以上のシステムを開発してきました。今セミナーではホロレンズ、スマホでのAR(拡張現実)を利用した保守やメンテナンスの業務効率化をするアプリケーションをデモンストレーションします。





ベトナムでのオフショア開発の利点

・オフショア開発とは
オフショア開発とは、アプリやソフトウェア、システムの開発業務や、運用業務を海外でアウトソーシングすることです。豊富なエンジニアリソースの活用と安い人件費の海外で開発することでエンジニア不足の解消や開発コストの削減ができるというメリットがあります。

・国民性
政府レベル、民間レベルでも日本と友好な関係を保っています。勤勉でまじめな性格が多いです。オフはスポーツや旅行をしたり飲みに行ったり明るく活気のある性格です。

・日本語能力
日本語学習者が6万人(世界8位:2015年)とありますが、すでに留学生は8万人(2019年)日本に滞在しているベトナム人は41万人います。2016年、全土の小学校で日本語を「第1外国語」として教えることを目指す方針を発表しています。

・技術能力

政府がIT産業と教育に優遇策を施行して力を入れています。基盤となる数学、科学の分野では国際的にも上位ランクに位置しています。

・人材の豊富さ・若さ
ベトナムの国全体の平均年齢は28才です。政府は2020年中に100万人のITエンジニアを輩出しようと政策を打ち出しています。継続的に人材の供給が可能です。

・地理的要因
ベトナムとの時差は2時間です。始業時間は日本より早いので時差の影響が少ないのが特徴です。祝日が日本と比べて半分ほどしかなく稼働日数が長いのも特徴です。



VR・MR・AR開発を支えるUNITYや先端技術

ONETECHは2015年創業当初からVR・AR・MRが業務活用に注力してきました。VR・AR・MR開発を支えているのがUNITYフレームワークです。ONETECHはベトナムでUNITY活用セミナーを定期的に開催しVR・AR・MRエンジニアの育成にも力を入れています。またCADやBIMデータとの連携、3DCGモデルでのコンテンツ制作、AI(人工知能)による画像、文字、音声認識、LiDARの活用、IoT機器との連携、クラウドサーバ連携、ライブストリーミングやチャットなどの通信技術など様々なテクノロジーの研究開発も行っています。



オンラインセミナー詳細


【開催日時】:2021年6月23日(水)13:00~14:00
【開催場所】:ZOOM お申し込み完了後メールにURLを発行します。
【定員数】:20名※ 先着順・定員になり次第締め切らせていただきます
【費用】:無料
ネットワークビジネス勧誘目的の方や、本セミナーの趣旨に添わない方、
主催者の競合サービス取り扱い企業様の申込についてはお断りする場合がございます。
また講師および講演内容は、都合により一部変更になる場合がございます。



申込方法

下記のリンクからお申し込みください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeV90P_ZQHAm6fBJcxINuUwouS_bdduR5m8wlxyhgPE_6yJkw/viewform

■問合せ先■
株式会社One Technology Japan
担当:和田
TEL:03-6403-0814
MAIL:wada@onetech.jp


ONETECHのご紹介


ONETECH ASIA(ベトナムホーチミン市)は、15年にわたり様々なベトナムオフショア開発の経験を持つ経営者が2013年よりソフトウェアオフショア開発拠点として設立しました。2015年からは日本企業様向けにVR・AR開発を中心に成長してきました。グループ会社ではベトナム人エンジニア採用支援、ベトナム進出支援、日本ビジネスマナー教育を展開。
https://onetech.jp



オフショア開発事例

◆開発実績事例
・住宅会社の販売支援、顧客管理アプリ/システム開発
・カー用品ECサイト開発
・卸売業向け受注/出荷管理Androidアプリ/WEBシステム開発
・ホロレンズ(HoloLens)画像認識MRアプリ制作(Windows)
・nreal right MRアプリ制作
・VR業務トレーニングアプリ制作
・観光向けARアプリ開発
・VB6.0からVB.NETへのマイグレーション
・AWSのインフラ構築支援・運用支援

◆対応業種事例
・情報通信業
・宿泊業,飲食サービス業
・生活関連サービス業,娯楽業
・卸売業,小売業
・学術研究,専門・技術サービス業


◆そのほか
・ベトナム人向け「日本ビジネスマナー教育」
・ベトナム進出支援「現地法人設立・運営」
・ベトナムエンジニア採用支援
https://growupwork.com/client
・ベトナムサンドイッチ専門店「バインミーバーバー」
https://banhmibaba.com

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ