このページの本文へ

太平洋セメント3,000名のワークスタイル変革を推進

株式会社ドリーム・アーツ
2021年06月17日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社ドリーム・アーツ
~ Notesからドリーム・アーツ製品へ移行 ~

株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本 孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、太平洋セメント株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:不死原 正文、以下 太平洋セメント)が、大企業の働き方を変えるビジネスコックピット「InsuiteX(R)(インスイートエックス)」および大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB(R)(スマートデービー)」を、2020年12月より導入したことを発表します。 太平洋セメントではワークスタイル変革を目的に、旧システム(Notes/Domino)から「InsuiteX」および「SmartDB」への移行を進めています。現在は、太平洋セメント約3,000名で利用しており、今後はさらなるシナジー効果を発揮すべくグループ会社にも展開予定です。




■システムのあり方を見直し、新たなワークスタイルへと変革
太平洋セメントは、国内セメント販売シェアトップのリーディングカンパニーです。環境の変化に合わせた柔軟な働き方と高い業務効率を実現するため、ワークスタイル変革の土台となるコミュニケーション基盤刷新を検討していました。
これまでグループウェアは「Notes/Domino」を20年以上利用しており、2,000件ものデータベース(DB)が存在していましたが、クライアント/サーバ型ソフトウェアのため、オフィス以外からの情報共有が困難であることや、情報検索がしにくいなどの課題がありました。またPCでの閲覧を前提とした情報の表示形式であったため、スマホなど利用環境に合った表示ができず閲覧しにくいなどの課題もあり、多様な働き方を実現する情報システムの整備が求められていました。
そこで、「InsuiteX」を業務の入り口に「会社の仕事は全部ここから」できることを構想。ポータルやワークフロー、Webデータベースなどシステム全体を見直し、今回「InsuiteX」および「SmartDB」の導入に至りました。また、同時にメールやチャットの利用でMicrosoft 365も導入を決め、ドリーム・アーツ製品の豊富な連携機能により融合させて利用していきます。これにより、Notesから脱却し、現代にあわせたワークスタイルへの変革を目指します。


【イメージ:ワークスタイル変革の土台となるコミュニケーション基盤】

■情報共有の最適化により組織のパフォーマンス向上を目指す
太平洋セメントは目指すワークスタイルを実現するため、プロジェクト体制を組み、まずは全社共通で利用する掲示板や文書管理のデジタル化から着手しています。
「InsuiteX」は、組織コミュニケーションのあり方を徹底追求し、システムや時間、組織、表現の枠に捉われない最適化されたポータル機能群を、最新のクラウドアーキテクチャで実現しています。「SmartDB」はノーコード・ローコードで業務アプリケーションを開発できる業務デジタル化クラウドサービスです。
システムを「InsuiteX」および「SmartDB」に刷新したことで、全社における情報共有のあるべき姿を見据えて、情報およびシステムの整備を進めています。2,000件ものデータベースは、単純な移行ではなく、現在の利用状況を確認しながら業務整理を進めており、統合・断捨離しつつ、柔軟なアクセス権の管理が可能になるよう将来を見据えたデータの形に整備中です。
また、いつでもどこでもスマートなコミュニケーションがはかれるよう、それぞれの利用環境に合ったデバイスでの表示を可能にしたり、表示する情報をユーザーがカスタマイズしたりできるようにするなど、情報共有のボトルネックが解消されています。このように「個人やグループの情報が最適化され業務に集中できる」環境が整備され、組織パフォーマンスの向上に貢献しています。

■太平洋セメント 経営企画部 IT企画グループ リーダー 加藤 勉氏からのコメント
製品、プロジェクト、運用においてドリーム・アーツに魅力を感じ、導入に至りました。他社も検討しましたが、ドリーム・アーツはNotes移行や大企業導入の実績も豊富で、20年以上使ったNotesを移行するにあたり、社内への定着も含めて一緒に最後までやりきってくれる頼れる協創パートナーはドリーム・アーツしかいないと確信しました。レガシーシステムの移行において最後の難関は現場部門の多岐に渡るシステムですが、当社の状況を理解し、一緒に検討いただけたことも導入理由の1つです。プロジェクトはまだ始まったばかりですが、大きな目的である『場所や時間に縛られない働き方の実現』に向けて、想定以上の効果を出せるのではないかと期待しています。システムの刷新を機に、ワークスタイル変革に向けて、ドリーム・アーツとタッグを組んで推進してまいります。

ドリーム・アーツは、今後も“協創”を理念に掲げ、「現場力強化」「企業競争力向上」に役立つトータルソリューションを提供してまいります。







InsuiteX(インスイートエックス)について 
https://www.insuite.jp/isx/

「InsuiteX」は、大企業の働き方を変える意識改革クラウドです。組織のデジタライゼーションを推進し、組織のベクトルを統一、さらには経営層のビジョンと現場の気づきを共鳴させることで情報共有の先にある「意識共有」を実現します。チャットツールでは見逃しがちなフロー情報をストックし、オンライン上でも効率的に業務遂行に必要なコミュニケーションを促します。狙った効果を計測し改良ができる組織活性化ダッシュボードを組み込むなど、組織パフォーマンスを向上させる機能を多数搭載。日立物流や太平洋セメントなど、大企業を中心に65万名以上が利用中です。




SmartDB(スマートデービー)について 
https://hibiki.dreamarts.co.jp/smartdb/

「SmartDB」は、大企業向け業務デジタル化クラウドです。現場個別の業務から全社共通業務まで、ノーコード・ローコードでだれもがクイックにデジタル化できます。複雑な業務プロセスに対応するワークフロー機能、データ蓄積はもちろんダイナミックで緻密なビュー制御をもつWebデータベース機能を備え、大企業に必要なきめ細やかな権限設定や高度なセキュリティ要件にも対応しています。
三菱UFJ銀行や大和ハウス工業、立命館大学など、大企業を中心に50万名以上が利用中です。
サービス基盤として日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現しています。


株式会社ドリーム・アーツについて https://www.dreamarts.co.jp/
1996 年 12 月に設立されたドリーム・アーツは「協創する喜びにあふれる人と組織と社会の発展に貢献する」 をコーポレート・ミッションに、「情報共有」と「対話」を重視した独創的かつ高品質なソリューションとサービスを提供します。「協創力を究めよ」のスローガンのもと、ICT だけでも人間だけでもできないビジネス上の難題の解決を ICT と「協創」でお手伝いしています。大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB」、多店舗オペレーション改革を支援する「Shopらん(R)(ショップラン)」、大企業の働き方を変えるビジネスコックピット「InsuiteX(インスイートエックス)」などのクラウドサービスを開発・提供しています。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ