このページの本文へ

富士ソフトのセキュリティ技術者、電子情報通信学会 通信ソサイエティ論文賞を受賞

富士ソフト株式会社
2021年06月16日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士ソフト株式会社

富士ソフトのセキュリティ技術者であり、横浜国立大学先端科学高等研究院の連携研究員でもある、原 悟史が主著した論文「IoT機器の実機を用いたマルウェア動的解析手法の検証」が、第16回電子情報通信学会通信ソサイエティ論文賞(優秀論文賞)を受賞いたしました。


 一般社団法人 電子情報通信学会は、国内最大の電気情報系の国際学会です。同論文は、電子情報通信学会和文論文誌Bに掲載され、通信分野の和文論文誌に掲載された中で有効性、体裁、貢献度、信頼性の観点から特に優秀な論文に贈られる、通信ソサイエティ論文賞を受賞いたしました。

 IoT機器は日々多様化し、サイバー攻撃もさまざまな振舞いを行うようになっています。これまでは、IoT機器上で動作するマルウェアの解析は、仮想環境上にIoT機器を模擬した環境を構築して検証を行っていましたが、実機での振舞いの検証が十分ではありませんでした。
 本論文では、さまざまなIoT機器の実機で実証実験を行い、動的解析手法の問題点や制限の議論を行っています。

第16回電子情報通信学会 通信ソサイエティ論文賞優秀論文賞



「IoT機器の実機を用いたマルウェア動的解析手法の検証」
 技術管理統括部 セキュリティマネジメント部
 セキュリティ技術推進室長 原 悟史
 共著:横浜国立大学大学院環境情報研究院/先端科学高等研究院

※電子情報通信学会論文誌B Vol.J103-B No.8 pp.272-283 (2020/08/01)
https://search.ieice.org/bin/summary.php?id=j103-b_8_272&category=B&year=2020&lang=J&abst=

富士ソフトのセキュリティソリューション   https://www.fsi.co.jp/project/s/index.html

以上

※記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ