このページの本文へ

商船三井の3システムへ「テックタッチ」導入

テックタッチ株式会社
2021年06月10日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

テックタッチ株式会社
~システムの定着や研修・トレーニング効率化、利用高度化を促進~

Webシステム画面上に操作ガイドを表示することで、システム導入の操作トレーニングや、利用の定着・高度化を支援するサービス「テックタッチ(R)」(https://techtouch.jp/)を開発・提供するテックタッチ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井無田 仲、以下、当社)は株式会社商船三井(本社:東京都港区、代表取締役社長:橋本 剛、以下、商船三井)への「テックタッチ(R)」の提供を開始いたしました。




■システム刷新に伴い発生するトレーニング工数の大幅削減・定着化の促進を期待
業務システムにおいては、システムを利用するユーザーの利用定着(オンボーディング)とスムーズな利用が課題となり、多くの企業がユーザー教育や頻発する問い合わせ、利用普及などに頭を悩ませております。当社ではこうした課題を解決するため、リアルタイムに画面上に表示されるユーザー向けのシステム操作・入力ガイドを作成できるローコードサービス「テックタッチ(R)」を2019年より提供しております。

この度、「テックタッチ(R)」の有効性や大手企業様への導入実績が評価され、商船三井への「テックタッチ(R)」の導入が決定、提供を開始しました。

まず導入対象となる経費精算・管理クラウド「Concur Expense」については、利用頻度が月に1回程度であることも多く、細かい社内ルールや用語が覚えられず問い合わせ等が頻発していました。「テックタッチ(R)」を導入して、画面上のリアルタイムのナビゲーションや補足説明を案内することで、ユーザーの迷いや間違いを減らすことが期待されています。

(テックタッチの利用イメージ)





多くの企業がDXを推進する中、テックタッチは今後も自社サービスの提供を通じて活動支援に取り組んでいきます。


■36万人に利用される、リアルタイムナビゲーションツール「テックタッチ(R)」について
「テックタッチ(R)」(https://techtouch.jp/)は、リアルタイムで画面上に表示されるユーザーのシステム操作・入力ガイドを、直観的なUIでプログラミング知識が全く無くても作成できるローコードサービスです。入力データの品質担保などの機能と合わせ、システムの定着化や高度活用を支援することができ、2019年の提供開始以来、既に40社を超える企業が導入、累計ユーザー数は36万人にのぼります。


■ニュースリリースに関するお問い合わせ
テックタッチ株式会社 広報担当:中出
URL:https://techtouch.jp/contact

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ