このページの本文へ

エクストリーム ネットワークス、サービスプロバイダ向けクラウドネイティブなネットワーク可視化プラットフォームで企業のネットワーク利用をサポート

Extreme Networks株式会社
2021年06月10日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Extreme Networks株式会社
高度な分散5G環境におけるサービスプロバイダのネットワークの透明性と柔軟性を実現

クラウド型ネットワーキング企業であるExtreme Networks, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、最高経営責任者:Ed Meyercord、日本法人エクストリーム ネットワークス株式会社、以下:Extreme)は、Extreme 9920インテリジェントネットワーク可視化プラットフォーム、Extreme 9000シリーズを発表しました。 Extreme 9920は、クラウドネイティブの設計理念と構成可能なデータパイプラインで設計されており、分散ネットワーク環境の分析ツールに拡張性の高いトラフィックの集約、パケットフィルタリング、レプリケーション、および高度なネットワークパケット処理を行います。このプラットフォームは、詳細なデータインサイトを提供するとともに、ネットワークの拡張にも柔軟に適応できるため、サービスプロバイダはユーザからの新たな需要や5Gのユースケースにも迅速に対応できます。


5Gはクラウドネイティブの原理に基づいて構築された第1世代の携帯電話テクノロジーで、従来のネットワーク可視化ツールでは、自動運転車や産業用IoTなどのユースケースに適応しづらくなっています。多くの5Gユースケースはまだ定義されていないため、サービスプロバイダは、高度な分散環境を可視化し、費用と時間のかかるインフラストラクチャをアップグレードしなくても目的に合わせて調整できる柔軟性を備えたソリューションを必要としています。Extreme 9920は、Intel Tofino™ 2プログラム可能なASICをベースにしており、既存のサービスプロバイダ環境と統合しやすく拡張性の高いアーキテクチャを備えているため、新しいユースケースに迅速に対応できます。このExtreme 9920は2021年6月に一般公開される予定です。

主な機能:


柔軟で拡張性の高いネットワーク可視化プラットフォーム: 電力効率が向上し、物理的に小型化された9000シリーズは、サービスプロバイダや大企業での利用に最適です。9920のパケットブローカサービスは、階層型パケット管理アーキテクチャを備えているため、モバイルエッジのユースケースに適応し、大規模なデータセンターやクラウドアーキテクチャなどの環境に合わせて拡張できます。
クラウドネイティブの構成に対応した設計: ネットワーク可視化プラットフォームは、マイクロサービスベースの構成可能なオペレーティングシステムを活用しています。コンテナ化されたKubernetesベースのクラスタアーキテクチャなので、サービスを中断することなくパッチを適用でき、ネットワークの信頼性を維持して運用リスクを軽減します。
マイクロサービスAPIファーストの設計理念に基づく管理: Extreme Visibility Managerは、エクストリームのすべての可視化デバイスに新しいルールセットとコマンドを確立する直感的なグラフィカルユーザインターフェイス(GUI)を備えています。このツールで地域とゾーンで地理的に分散した環境から、システムで実行されているサービスまで、ネットワークのあらゆる側面を完全に可視化します。お客様は高価なインフラストラクチャを導入せずとも、簡単にソリューションを既存の運用サポートシステムに統合できます。

エグゼクティブの視点
Extreme Networks、最高技術責任者(CTO)兼最高製品責任者(CPO)、Nabil Bukhari
「この新しいインテリジェントなネットワーク可視化ソリューションにより、サービス プロバイダが特定のシナリオを事前に定義することなく、新しい環境で拡張しやすいように複雑さを排し、エラーの可能性を最小限に抑えます。非常に拡張性が高い可視化ソリューションを構築してきた当社の長年の専門知識により、サービスプロバイダに対し、分散型で動的なデータドリブンの未来に備えるために必要な可視性を提供します」

Omdia、Enterprise Services、Chief Analyst、Camille Mendler
「5Gは強力なテクノロジーではありますが、優れた管理ツールが必要になります。企業とサービスプロバイダは5Gへの投資を最大限に活用するためにネットワーク全体を可視化して、より深いデータのインサイトとコントロールを行う必要があります。エクストリーム製品のような柔軟でカスタマイズ可能なネットワーク可視化プラットフォームがあれば、新たな5Gのユースケースとシナリオのリアルタイムパフォーマンスのニーズに対応できます」

追加のリソース
Extreme Solutions for Service Providers https://www.extremenetworks.com/solutions/service-providers/?utm_campaign=Q4-21_PR_9920&utm_medium=Web%20Referral&utm_source=PR-9920&utm_content=Service_Providers

Extreme Visibility Solutions Page http://www.extremenetworks.com/solution/visibility?utm_campaign=Q4-21_PR_9920&utm_medium=Web%20Referral&utm_source=PR-9920&utm_content=Visibility_Solutions

Extreme 9920 Product Page http://www.extremenetworks.com/product/extreme-9920?utm_campaign=Q4-21_PR_9920&utm_medium=Web%20Referral&utm_source=PR-9920&utm_content=9920_page

Extreme Visibility Manager Product Page https://www.extremenetworks.com/product/visibility-manager/?utm_campaign=Q4-21_PR_9920&utm_medium=Web%20Referral&utm_source=PR-9920&utm_content=Visibility_Manager

Extreme Networksについて
Extreme Networks、Inc.(EXTR)は、卓越したネットワーキングエクスペリエンスを実現することで、すべてのお客様のビジネスを加速させます。Extremeは、機械学習、人工知能、分析、自動化のパワーを活用することで、テクノロジーの可能性を拡大します。弊社が世界中に有する50,000を超える顧客は、エンドツーエンドのクラウドドリブンなネットワーキングソリューション、ならびに最高レベルのサービスとサポートを活用することで、デジタル・トランスフォーメーションの取り組みを加速し、かつてないほどの進化を実現しています。 詳細については、ExtremeのWebサイトにアクセスするか、Twitter、LinkedIn、Facebook、にてご確認ください。

Extreme Networks、Extreme Networksのロゴは、米国および他国のExtreme Networks Inc.の登録商用もしくは商標です。ここで表記されている他の商標はそれぞれの所有社の所有物です。


【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
エクストリーム ネットワークス株式会社
マーケティング本部 佐野通子
info.jp@extremenetworks.com
TEL: 03-4560-9590

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ