このページの本文へ

Blancco Technology Group、日本におけるオンラインでのモバイルデバイスの下取りに対する意識調査結果を発表

Blancco Technology Group
2021年06月08日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Blancco Technology Group
調査対象者の半数以上がデータの悪用を懸念し、オンラインでの下取りに安心・安全を要求。日本の消費者の54%が今後2年以内に5Gスマートフォンにアップグレードする見通し。

~Blanccoの新しい調査で、5Gアップグレードの「スーパーサイクル」に伴いスマートフォン市場が回復する中、オンラインプロセスへの信頼があれば、日本の通信事業者、小売業者、OEM企業は収益を増加させることができることが判明~


データ消去とモバイルデバイス診断の業界標準であるBlancco Technology Group/ブランコ・テクノロジー・グループ (LON: BLTG)は本日、日本で新しい調査結果を発表し、オンラインでのモバイルデバイスの下取りに対する消費者の意識を明らかにしました。また、日本の通信事業者、小売業者、OEM(相手先ブランド名製造)企業にとっての収益機会についても概説しています。Blanccoの調査「Online Device Trade-Ins: Building Trust in an Invisible Process(オンラインでのモバイルデバイスの下取り: 目に見えないプロセスで信頼を得る」では、日本の消費者の54%が、今後24か月以内に5Gスマートフォンへのアップグレードを考えていることがわかりました。このうちの40%は、アップグレードに伴い、古いモバイルデバイスを下取りに出すことを予定しています。本調査は、消費者が必要とする安心・安全を与えることができれば、通信事業者、小売業者、OEM企業は従来の小売店の店頭以外でモバイルデバイスの下取りを促進できる機会があることを示しています。

スマートフォンの販売台数が減少した激動の1年を経て、業界アナリストは、5Gの普及と世界中の消費者の強いアップグレード意向により、スマートフォンの需要が復活すると予想しています。本調査の目的は、パンデミックの影響で店舗の営業が制限され、購買活動がデジタルプラットフォームに移行している中、このような消費者の行動の変化がモバイルデバイスの下取りに関する好みにも影響を与えているかどうかを調べることでした。

調査によると、日本の消費者の72%はオンラインでの下取りプロセスを利用したことがないものの、利用には前向きであることがわかりました。将来的にオンラインでの下取りサービスを利用したいと回答した人は41%、検討したいと回答した人は26%でした。しかし、エンゲージメントを高めるためには、安心・安全が必要です。今回の調査結果は、透明性の向上と適切なデータ管理によって消費者にとっての信頼性が向上すれば、オンラインでのモバイルデバイスの下取りは拡大する可能性があることを示しています。日本の消費者の半数(51%)は、オンラインでモバイルデバイスを下取りに出す際、データが悪用される可能性を懸念していると答え、32%は目に見えずサポートのないプロセスを信用していないと回答しています。 これは、調査対象となったすべての国の中で最も高い割合となっており、日本市場では他の地域よりもさらに高い透明性とセキュリティが求められていることを示しています。

Blancco Technology GroupのAPAC担当ディレクターである森田 将幸は、次のように述べています。
「ショッピング習慣の変化は、まもなく訪れる5Gスマートフォンのスーパーサイクルとともに、日本の通信事業者、小売業者、OEM企業が5Gスマートフォンを加入者の手に届けるチャンスを活用するための重要な転換点を生み出しています。
下取りは、新しいモバイルデバイスの購入費用を補助することによって消費者のアップグレード意欲を高める上で今後も重要な役割を果たすでしょう。また、中古デバイスの回収に携わる企業にとっても、オンラインでのモバイルデバイス下取りによって収益を上げることができるという大きなチャンスがあります。ただし、通信事業者、小売業者、OEM企業は、カスタマージャーニー全体を通して、データ保護とデバイスケアの保証を提供することで、信頼を構築する必要があります。」

本調査では、オンラインでのモバイルデバイス回収に関わる組織には、デバイス処理の各段階について可視性を提供する責任があると結論づけています。同時に、これらの組織は、店内での体験をオンラインにも反映させ、データ管理のベストプラクティスを採用してモバイルデバイスに残っている個人データを保護する必要があります。本調査はまた、データ保護、包括的なデバイスケア、持続可能な電子廃棄物ポリシーの保証に基づいたユーザー体験を消費者に提供することが、オンライン下取りの需要を促進するために不可欠であるとしています。

Blanccoが日本の消費者1,000人を対象に行った調査から判明したこと:


オンラインでの下取りを好む34%の回答者のうち、70%が「自宅で手続きができるので便利」、58%が「より迅速」と回答しています。
オンラインでのモバイルデバイスの取引にあたっては、透明性が低いと思われているため、データのプライバシーやデータの不正利用が消費者にとって根強い懸念事項となっています。34%の消費者は、保証があってもオンラインプロセスは信頼できないと回答しています。これは、調査対象となったすべての国の中で最も高い割合となっており、日本市場では他の地域よりもさらに高い透明性とセキュリティが求められていることを示しています。
この調査でインタビューした消費者の41%は、モバイルデバイスを段階的に追跡できるように、プロセスの完全な記録の保証が必要だと答えています。また、22%はモバイルデバイスの下取り価格を正確に判断するためにデバイスの完全な診断を求めており、23%はデバイスがその後どうなるかについてより多くの情報を求めています。


分析結果の全文は、こちらのレポートをご覧ください:
Online Device Trade-Ins: Building Trust in an Invisible Process(オンラインでのモバイルデバイスの下取り: 目に見えないプロセスで信頼を得る)
https://www.blancco.com/ja/resources/rs-online-device-trade-ins-building-trust-in-an-invisible-process/

— 以上 —

手法:
調査はBlancco Technology Groupの委託を受け、Coleman Parkes Researchが2021年3月に独自に実施したものです。回答者は、英国、米国、カナダ、日本、ドイツ、フランスの各国から1,000人ずつ、合計6,000人の消費者です。

Blancco Technology Groupについて
Blanccoは、データ消去およびモバイルデバイス診断ソフトウェアの業界標準です。Blanccoのデータ消去ソリューションは、何千もの組織に、IT資産の安全な消去を通じて、エンドポイントのセキュリティポリシーに更なるセキュリティレイヤーを追加するために必要なツールを提供しています。すべての消去は、改ざん防止の監査証跡によって検証および認証されています。

Blanccoのデータ消去ソリューションは、世界中の15以上の管理機関および主要な組織によってテスト、認証、承認、推奨されています。政府機関、法務当局および独立した試験機関によって設定された厳格な要件に準拠した、これほど高いレベルのデータ消去ソフトウェアは他にはありません。

企業はBlancco Mobile Insurance、Blancco Mobile Buy-back/Trade-in、Blancco Mobile Retailを利用すると、市場をリードするガラスのひび割れ検出など、一貫性のある正確で測定可能なテストを可能にするシンプルなソリューションにより、モバイルデバイスのリアルタイムな評価を実現できます。

また、モバイル処理業者はBlancco Mobile Diagnostics & Erasureを利用すると、卓越したオペレーションを実現して利益を最大化できます。これは業界をリードするBlancco Mobile Workflowsを搭載した専用ソリューションで、モバイルデバイスのライフサイクル全体を通じた重要な処理に関する洞察を提供します。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ