このページの本文へ

Baremetrics が Google Play & App Storeとのワンクリック連携を可能とし、アプリのサブスクビジネスを強力サポート!!

Baremetrics, Inc.
2021年06月08日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Baremetrics, Inc.
アプリにおいてのサブスクリプションビジネス分析も可能とする機能追加の発表

Baremetrics, Inc (CEO:Brian Sierakowski)は、Baremetricsツールの利便性向上を目的にGoogle PlayそしてApp Storeとワンクリックで連携できる機能を追加しました。これにより、Google PlayまたはApp Storeのアプリ内でのサブスクリプション課金におけるビジネス指標をBaremetricsで簡単に表示・分析することが可能になります。 Baremetrics: https://baremetrics.com/jp


この機能の追加により、モバイルアプリのビジネスを手掛ける方にとって重荷となっていたビジネスに関わるデータを一つにまとめることが可能になります。

以前までは、膨大なデータをスプレッドシートなどにエクスポートして、様々なシステムを駆使、または正確かもわからない計算式をもとに、MRRやLTV、チャーンなどの指標を計算していたかもしれません。このようなプロセスは非常に面倒であり、大きく時間を消費してしまうという課題がありました。そして、マニュアルでの作業は不正確なデータ分析結果を導き、ビジネス経営に大きな打撃を与える要因となっていました。

このワンクリック統合でGoogle PlayやApp Storeにおけるアプリ内でのサブスク課金に関するデータが即座に確認できるようになり、ビジネス分析に役立てることができます。


Baremetricsを使用する利点

・無駄な作業が不要なワンクリック統合で可視化
・20を超える様々な指標を分析
・複数の決済プロバイダーと同時にご利用可能
・セグメント機能付帯で高度な分析
・滞納しているお客様へのリマインドメールの送信
・解約理由をアプリ内のアンケートで集計
・複数通貨での決済も自動処理





Baremetricsに関して

Baremetricsは、サブスクリプションビジネスを提供する企業向けに、MRRやLTV、チャーンなどの様々なビジネス指標を決済プロバイダーとAPI連携することで可視化し分析を可能とするサブスクリプション・SaaSビジネス分析ツールを提供しております。Verified PartnerのStripeを筆頭に、Recurly、ChargeBee、Google Play、App Store、Shopifyもワンクリックで連携が可能です。
Baremetricsを使用して、ビジネス課題を明確にし、それらの情報を元に次のビジネス戦略を練り、ビジネスの成長に繋げていただけます。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ