このページの本文へ

スペクティ、「NERV防災」のゲヒルンと連携し防災情報を配信開始

株式会社Spectee
2021年06月08日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社Spectee
AI防災・危機管理ソリューション『Spectee Pro』を強化

株式会社Spectee(本社:東京都千代田区、代表取締役:村上建治郎、以下スペクティ)は、企業や自治体に対し、より迅速に防災気象情報を提供することで、災害対応に役立てていただくことを目的に、ゲヒルン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:石森大貴、以下ゲヒルン)が提供する防災気象情報を、スペクティのAI防災・危機管理ソリューション『Spectee Pro』を通じて配信を開始します。


激しい自然災害が毎年のように各地で起きている中、多くの企業や自治体で、危機管理体制の強化が求められています。スペクティは、ゲヒルンが提供する防災気象情報を『Spectee Pro』と連携させることで、防災情報の強化を図ります。

この度、ゲヒルンとスペクティは、連携の第一弾として、ゲヒルンの地震関連情報を『Spectee Pro』で提供開始いたしました。今後も企業や自治体における情報収集や災害対応を支援できるように、さまざまな防災気象情報配信で連携を進めてまいります。



■ ゲヒルンについて

ゲヒルンは「日本をもっと安全にする」をミッションに掲げ、法人向け情報セキュリティサービス、インフラストラクチャサービス、防災気象情報配信サービスを提供するセキュリティ会社です。ユーザーに最適な防災情報を国内最速レベルで配信できるスマートフォンアプリ「特務機関NERV防災」は150万ダウンロードを超え、またツイッターアカウントの「特務機関NERV」は約120万フォロワーに達しています。

■『Spectee Pro』について

スペクティが提供する『Spectee Pro』は、人工知能(AI)を活用した情報解析をもとに、災害やリスク情報をいち早く正確に「可視化」し、現場の意思決定を円滑にするクラウドSaaS型の防災・危機管理ソリューションです。SNSに投稿された情報や、気象データ、停電、交通などの様々な公共情報、河川カメラなどの映像解析をもとに、自然災害、火災、事故等の発生や被害状況など、緊急性の高い情報を100以上のカテゴリーでリアルタイムに配信する他、それらを、市区町村、空港や駅、観光スポット、工場や商業施設、自社の設備や事業所周辺といった対象と組み合わせて地図で表示し、「どこで何が起きているか」、「被害状況はどの程度か」などを即座に確認できます。すでに多くの企業や自治体、官公庁等で導入されて、災害時の危機管理として欠かせないソリューションとなっています。


シェアNo.1 AI防災・危機管理ソリューション『Spectee Pro』
無料トライアル 実施中! https://spectee.co.jp/service/spectee/



AI防災・危機管理ソリューション

■ 株式会社Spectee 概要

400社以上(2020年7月時点)の企業や多くの自治体で導入実績をもつ、AI防災・危機管理ソリューションの『Spectee Pro』や、カメラの画像解析による道路の路面状態の自動判定システム、河川での水災害発生検知・予測システム、ドローンやAIによる自動音声技術を活用した避難誘導・避難情報提供システムの開発など、「AI x 防災・危機管理」の様々なソリューションの開発及び提供を行っています。AI等の最先端の技術を活用したビッグデータ解析を通して、災害関連情報や様々なリスク情報を「可視化」し、すべての人が安全で豊かな生活を送れる社会の創造を目指しています。

会社名 : 株式会社 Spectee (スペクティ)
代表取締役 : 村上 建治郎
会社設立年月 : 2011年11月
事業概要:AI等の最先端技術を活用した災害・危機管理情報サービス
本社所在地 :東京都千代田区五番町 12-3
ホームページ: https://spectee.co.jp

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ