このページの本文へ

法人向けECカートシステム「ecforce」が女優 佐久間由衣さん主演のCMを本日6月7日より放映開始

株式会社SUPER STUDIO
2021年06月07日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社SUPER STUDIO
コロナ禍で一層高まるECビジネスニーズに対応すべく、ecforce初となるCMを皮切りに、今後プロモーションを本格化

D2C(※1)支援事業を提供する株式会社SUPER STUDIO(所在地:東京都目黒区、代表者:代表取締役 CEO 林 紘祐、以下:SUPER STUDIO)は、本日6月7日(月)より佐久間由衣さんが出演するCMを都内タクシーのサイネージなどで放映開始します。


ecforce CM「恋人編」



今回のストーリーのメインテーマ: ECカート選定の重要性。

 どれだけ製品が魅力的でも、どれだけブランディングが鮮やかでも、どれだけ広告が強くても、ECカートシステムが使いづらければ事業存続が難しくなり、全てが台無しになってしまうのがECビジネスです。本CMでは、これまで盲点になりがちだった「ECカートシステム選定」の重要性と、使いやすさを追求したecforce(よみがな:イーシーフォース、以下:ecforce)の機能を伝えることで、あらゆる事業者がECビジネスで失敗しない世界を目指しています。


第一弾は、アパレルEC事業が舞台。果たして彼氏の手がけたコートは、成功するのか。



 第一弾は、「恋人」篇。あるアパレル企業のデザイナーである彼氏は、長い下積み時代を経て、ついに自身がデザインしたアイテムの発売にこぎつける。そのアイテムの最初にお客さんになると購入を試みる佐久間由衣さん演じる彼女…。果たして彼氏の情熱は報われるのか。

「恋人」編





ECカートシステムと選定時の課題

 近年注目が加速しているEC市場ですが、ECカートシステムの使いやすさは売上や事業成功と直結するものだという認識はまだ浸透していません。しかし、実際には下記のような課題をECのカートシステムの改善により解消できます。ecforceは自らがEC運営してきたことで蓄積したデータを活用して機能開発をしており、EC運営において起こりやすいあらゆる課題に対応します。

ECカートシステムと選定時の課題





CM制作に込めた意図:SUPER STUDIO CEO 林 紘祐コメント

ECビジネスにおいてECカートの重要性がまだまだ浸透しておらず、思わぬ落とし穴になっている例を多く目にしてきました。このCMを通じて、弊社のプロダクトを導入いただけることが本望ではありますが、そもそもECカートシステムの重要性をご理解いただき、EC事業がもっと成功しやすい世界になればと思っています。またCM表現も、いわゆるタクシーCMの型に囚われないものとなっており、ブランドの世界観を重視する弊社らしいCMになったと自負しています。ぜひ一度ご覧いただければ嬉しく思います。


女優 佐久間由衣さんについて


佐久間由衣さん

佐久間由衣

1995年3月10日生まれ、神奈川県出身。「2013年ViVi専属モデルオーディション」でグランプリを受賞し、翌年、映画「人狼ゲーム BEAST SIDE」で女優デビュー。2017年NHK連続テレビ小説「ひよっこ」で脚光を浴びる。2019年「東京国際映画祭」でジェムストーン賞を、「ELLE シネマアワード2019」でライジングスター賞を受賞。2020年、柄本明演出「てにあまる」で初舞台。今後の出演作はNHK土曜ドラマ「ひきこもり先生」(6月12日スタート)、KTV.CX系連続ドラマ「彼女はキレイだった」(7月~)、主演映画「君は永遠にそいつらより若い」(2021年9月17日公開予定)など。



ecforceについて

 マーケティングからサプライチェーンまでコト、モノに関わる全ての人々の顧客体験を最大化するECプラットフォームです。多くのメーカーのCVR・LTV向上に貢献しています。

・導入ショップ平均年商業界最高水準 2億円以上(※2)
・コンバージョン率 380% (※3)
・手厚い国内サポート体制で継続率99.75%(※4)

詳細や、お申し込みは下記リンクをご参照ください。
https://ec-force.com/


SUPER STUDIOについて

[会社名]
株式会社SUPER STUDIO

[代表者]
代表取締役CEO 林 紘祐

[所在地]
東京都目黒区下目黒2-23-18 目黒山手通ビル 8F

[資本金]
33,110,000円(2021年3月末時点)

[事業内容]
D2C支援企業として、ビッグデータ解析による世の中のニーズの抽出、商品開発、基幹システム「ecforce」の提供、広告運用、生活者のもとへ商品を直接届けるところまで、全ての工程をワンストップで支援。

[URL]
https://super-studio.jp/

※ 記載の商品名、サービス名及び会社名は、各社の商標または登録商標です。
※1 D2C(Direct to Consumer)は、自社で企画及び製造した商品を自社ECサイトで販売から管理まで行う販売モデルのこと。従来は販売代理店や大手小売経由で販売をするのが一般的でしたが、SNSやWebメディアの広告で消費者個人へダイレクトにリーチできるようになり、発展しました。
※2 全導入ショップの年商平均(集計期間 2019年12月 ~2020年11月)
※3 2017年9月から2020年4月の間に他ECカートからecforceへ移行したECショップ3社の1年経過時点のデータ
※4 2019年12月から2020年11月時点の事業撤退等を除いた継続率

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ