このページの本文へ

膨大なエリア関連データをもとに用地取得・街づくりを支援する不動産ビッグデータ分析サービス『DATAFLUCT real-estate.』6月3日(木)提供開始

株式会社DATAFLUCT
2021年06月03日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社DATAFLUCT
機能、データ項目を追加し、現場で即活用できる本番環境をローンチ

データサイエンスで企業と社会の課題を解決する株式会社DATAFLUCT(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役:久米村 隼人、以下「DATAFLUCT」)は、地価や環境などの基本情報からエリア内の将来の世帯年収などの未来予測もカバーし、直感的な操作でレポート化できる用地取得支援サービス『DATAFLUCT real-estate.』(データフラクト リアルエステート)について、6月3日(火)より本番環境を提供いたします



開発の背景

現在、ディベロッパーが用地を取得する際、周辺人口や世帯数、周辺の商業施設、オフィスなどのエリアに関する様々な情報収集は人力で行われており、リサーチとレポート作成に時間がかかることが課題となっています。データサイエンスで社会課題を解決することを目指す当社は、街づくりにおいて重要な役割を持つ不動産バリューチェーンの課題解決をテーマに、本サービスを開発いたしました。
本サービスは、株式会社デジタルガレージが運営するアクセラレータープログラム「Open Network Lab Resi-Tech」を通し、国内ディベロッパー複数社との共創で開発を進めております。用地取得業務担当者のニーズをもとに「エリア周辺情報の一括サーチ」「レポート作成をサポートするグラフや地図のエクスポート機能」など、業務を大幅に効率化する機能を開発。今回提供開始する本番環境では、実証実験期間のフィードバックをもとに機能やデータ項目を追加し、現場で即戦力となるサービスにアップデートいたしました。


『DATAFLUCT real-estate.』について

本サービスは、用地取得に必要な一連の情報収集・レポート作成をデータドリブンに行うことで、業務効率化と高クオリティ化を実現します。リサーチからマーケティングプラン作成、社内の意思決定に必要なレポート作成まで、用地取得業務の各フェーズで活用可能です。また、社内の利用者数を制限せず定額でご利用いただける料金体制とすることで、社内の情報共有をスムーズにし、業務の効率化に貢献します。


【サービス概要】
サービス名:DATAFLUCT real-estate.(データフラクト リアルエステート)
主な機能:エリア詳細情報表示、地図情報表示、データエクスポート、住所検索
利用料金:月額16万5,000円(税込) ※利用者数制限なし

【データドリブンな用地取得を実現する4つの特徴】
1.エリア周辺データや地図をエクスポートして、レポート作成に活用可能
過去の土地成約情報や土地開発情報、学校区、属性別人口数などを一括でサーチし表示可能で、テキストやグラフだけではなく、地図上に表示させることも可能です。必要な数値やグラフ、地図をエクスポートしてレポート作成に活用することで、資料作成の手間を大幅に削減できます。

2.将来の世帯年収予測など、オリジナルの予測データも取得可能
豊富なデータソースと当社の機械学習技術により、町丁単位の現在及び将来の世帯年収推計が可能。今後は、地価変動率や価格シミュレーションなどの予測データ追加を予定し、エリアのポテンシャルを可視化するサービスを目指します。

3.現場の声をもとに機能・データ項目を随時アップデート
本サービスは用地取得業務担当者のニーズをもとに開発を進め、今回の本番ローンチ以降も機能やデータ項目を順次アップデートいたします。データ項目については、約30項目のラインアップを予定しています。(8月までに順次追加予定)

4.利用者数制限なしの定額制で、社内の情報共有をスムーズに
社内の利用者数にかかわらず月額16万5,000円(税込)で利用可能な定額制サービスで、用地取得に関わる様々なレイヤーの担当者にご利用いただくことができます。社内の情報共有を本サービス上で行うことで、よりスムーズな業務進行を支援します。

【取得可能なデータ】


【サービス画面 イメージ】


エリアを指定し、詳細情報と将来予測を表示
過去の土地成約情報や土地開発情報、学校区、属性別人口数などのデータをグラフや表形式でわかりやすく表示。収集データをもとに算出したオリジナルの予測情報も表示可能。



用地取得に必要な、基本的な土地情報を網羅
用途地域やハザードマップ、駅や公園、近隣商業施設など、用地取得業務に必要な基本的な土地情報を網羅。必要な項目を選択し、地図上にまとめて表示可能。


情報やグラフ・地図をエクスポートし、資料作成に活用
必要なデータをCSV形式で一括ダウンロード可能。施設の所在地などの項目をピンとして表示した地図データや、グラフを画像形式でダウンロードすることも可能で、スピーディーに高クオリティの資料を作成することができます。


●『DATAFLUCT real-estate.』 デモ動画:https://youtu.be/J14aeN7b6hg





イベントのご案内

本番環境提供開始に際し、本サービスを導入いただくメリットやより効果的に活用するためのポイントをご紹介するオンラインセミナーを開催いたします。用地取得の検討に携わる方、取得した用地の事業開発担当・マーケティング担当の方におすすめの内容です。



◆開催概要
用地取得に関わるエリアの情報収集・レポートを自動化する
「データドリブン用地取得業務変革」セミナー
日時:2021年6月17日(木) 11:00~12:00
開催方法:オンライン(「Zoomウェビナー」を使用)、入退場自由
参加費:無料
登壇者:「DATAFLUCT real-estate.」プロダクトオーナー 福田由依
参加申し込み:https://datafluct-realestate-210617.peatix.com

<株式会社DATAFLUCTについて>
2019年の設立以来「データを商いに」というビジョンのもと、活用されていないデータから新たなビジネスを創出し、企業と社会に価値を生み出しつづけるデータサイエンス・スタートアップスタジオです。衛星画像データから位置情報やPOSデータまで幅広い分析実績をもち、技術やデータにかかわらず業界をこえたアルゴリズム構築を得意としています。
食品流通から不動産分野まで多彩な自社サービスを開発する中で蓄積された知見を生かし、様々な企業のDX支援を行っています。またデータ活用によってSDGsに貢献することを目指し、ビジネスと社会貢献を両立させる新規事業開発にも積極的に取り組んでいます。
2019年JAXAベンチャー※認定企業
※ 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の知的財産・業務での知見を利用して事業を行う、JAXA職員が出資・設立したベンチャー企業。

本社所在地:東京都千代田区麹町1-4-4 2F LIFULL HUB内
代表者:代表取締役 久米村 隼人
設立:2019年1月29日
電話番号:03-6822-5590(代表)
資本金:3億5,912万円(資本金準備金含む)
事業内容 :マルチモーダルデータ活用サービス(AI/機械学習/ビッグデータ解析)の提供、企業のDX支援
WEBサイト https://datafluct.com/
Twitter https://twitter.com/datafluct
Facebook https://www.facebook.com/datafluct/
note https://note.datafluct.jp/

<サービスに関するお問い合わせ>
株式会社DATAFLUCT 『DATAFLUCT real-estate.』営業担当
Tel:03-6822-5590 Mail:real-estate@datafluct.com

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ