このページの本文へ

【ビルドサロン】DXへの取り組みをまとめ、HP等での情報発信業務を新たに開始。創業当初から取り組んできたICT活用とその意義を公表。

ビルドサロン
2021年06月03日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ビルドサロン
ビルドサロンがDXについての取り組みをわかりやすくまとめ、情報発信する事業を開始。

法人向けオンラインサロン制作・開発業務を専門で承る株式会社ビルドサロン(本社:東京都新宿区、 代表取締役:上村 十勝)は、2021年6月3日、DXへの取り組みをわかりやすくまとめ、既存の顧客等に向けて発信を開始しました。




■ オンラインサロンを通じて、ビルドサロンが社会に貢献できる事とは

大中小問わず、国内の様々な業種の企業が今、真摯にDX化への取り組みを開始しています。

その背景には、世界中に存在する多くの企業が、従来のDX化されていない事業運営形態をこのまま続けていれば、紙、石油、電力など様々な有限資源を非効率に大量消費し続けることとなり、SDGsの実現からどんどん遠ざかってしまう、と、多くの人々が気付き始めた事が挙げられるのではないでしょうか。

ビルドサロンも創業当初からこの点を強く意識し、常に出来る事に取り組み続けてきた企業の一つです。

一口にICTを活用したDX化と言っても、その道は容易なものではありません。
持続的にSDGs実現に繋げられるような真のDX化には、まず、その基盤となるITシステムについての深い理解と現実的な活用法の創出、実行が伴わなくてはなりません。

ビルドサロンは、自社製クラウドスペースやCRM等を有効活用し、具体的にデータの全社共有、セキュアで迅速なデータ引き出し・活用、互換性等変化に対する柔軟で迅速な対応が可能なチーム作りにより、日常業務の95%のクラウド化をすでに実現しています。

そして、社内の取り組みはもちろん、こうした企業活動を通じて高度にセキュア化された高品質なオンラインサロンを顧客に納品し続けることで、より一層社会全体のICT活用によるDX化に貢献できると信じ、日々尽力しています。


■ ビルドサロンがDXへの取り組みをまとめ、外部に公開


この度、創業以来ずっと継続して続けてきた、このようなビルドサロンのICT活用によるDX化への取り組みをもっと多くの人に知って頂くために、DXへの取り組みをまとめた文書を作成。

既存の顧客等に向け、HP等での情報発信業務を新たに開始致しました。
今後発信していく内容の概要の一部を、以下にご紹介します。

より柔軟に、よりよい未来へ~ビルドサロンのDX化への取り組み~

<日常業務の95%のクラウド化を実現>
紙による作業工程表、議事録等は作成せず、自社製のサーバー上のチャットアプリの記録等を代替としています。
プロジェクトごとの作業指示書や報告書は一切作成せず、こちらも自社製のクラウド会議ツールやCRMを使用しています。

プロジェクトに関わるメンバーが、瞬時に共有されたすべてのデータにアクセスでき、海外出張中で時差があろうと24時間いつでも活用できる仕組みを構築し、実行しています。

<BtoC業務上の発注ー納品においての積極的ICT活用>
フォーム、またはメールやLINEを通じて送信されたプレプロジェクトデータは、即独自のセキュア化クラウド内で該当担当者全員に共有されます。

以後、必要に応じてCRMプロジェクト等に仕分けされ、顧客担当となった統率者をリーダーとし、それぞれのメンバーがクラウド上でタスクをこなしていきます。

このように、ビルドサロンではICTを活用することにより、主力製品の発注ー納品までの流れの95%クラウド上一元化を実現しています。

<堅牢なオンラインセキュリティへの備え>
使用クラウドはもちろん、製品すべてにも以下のツール、サービスを導入しています。
SSLを標準で導入/reCaptchaで管理画面への不正アクセスをブロック/標準でNDA(秘密保持契約)を締結可能/IDS(侵入検知システム)の導入支援

また、併用しているCRMにおいても、監査ログの閲覧やIPアドレス制限など、通常のSSL等のセキュリティに加え独自の対策も施されたセキュアな空間となっております。

こうしたビルドサロンの取り組み情報を様々な形で随時発信していくことで、オンラインサロンが社会に対してアプローチできる事の可能性について、より良くご理解いただけることを期待しております。


■ 更なる社会のDX化を進め、皆様とともに持続可能な企業でありたい


最初の項でも記させて頂いたように、地球のあらゆる資源は「有限」であり、私たちはそれをできる限り効率的に、大切に消費していく義務があります。

ビルドサロンのICT活用、そしてDX化への取り組みは、地球全体から見ればほんの僅かで、ささやかな小さなものかもしれません。

ですが、ビルドサロンは意識を持って、日々具体的なDX化への取り組みを続けていきます。
それが、必ず未来への希望となり、明日のよりよい社会の創出への一歩となり得ると信じているからです。

--------------------------------------------------------------------------------------

■ リリースと取材に関するお問い合わせ

本社HP: https://buildsalon.co.jp
メール: info@buildsalon.co.jp
電話: 03-6822-4723(代表)
お問い合わせフォーム: https://buildsalon.co.jp/contact
公式LINE: https://lin.ee/psX1A0C

--------------------------------------------------------------------------------------

■ ビルドサロンの事業内容



株式会社ビルドサロンは、オンラインサロンの専門事業者です。オンラインサロン制作業界 No.1。
・自前オンラインサロンの開発及び制作事業
・オンラインサロン運営代行業務
・既存オンラインサロンのページデザイン
・オンラインサロン関連 CMS プラグインの開発
・既存ブログからのコンテンツ移行作業
・その他会員制サイトの受託開発業
・オンラインサロン運用ブログの運営
https://buildsalon.co.jp/blog

※当プレスリリースに記載の商品名、サービス名は一般に日本もしくは外国における各社の商標または登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
取材歓迎しております。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ