このページの本文へ

Joshin全店舗にて、AI温度検知デバイス「SenseThunder-Mini」を導入、合わせて法人営業チャネルでの販売を開始

日本コンピュータビジョン株式会社
2021年06月02日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本コンピュータビジョン株式会社
ソフトバンク株式会社の子会社、日本コンピュータビジョン株式会社(本社:東京都千代田区、以下「JCV」)は AI温度検知機器「SenseThunder-Mini(センスサンダーミニ)」を、上新電機株式会社(本社:大阪府大阪市浪速区)が運営する店舗に納入しましたのでお知らせ致します。


(写真左:店舗入口付近にて設置、写真右:本社入口付近にて設置)


上新電機では生活必需品を取り扱う同社の店舗を中心に、より効率的なウイルス感染予防対策を実現するため、温度検知端末の検討をされていました。
来店されるお客様及び従業員の温度検知を目的とし、他社製品と比較検討をした上で、より精度の高いJCVの「SenseThunder-Mini」の導入がこの度決定しました。
営業店舗、サービスセンター、営業所の全約240箇所に設置いただいております。


導入と同時に、同社法人営業部でも「SenseThunder-Mini」の取扱販売を開始致しました。

▼法人窓口お問い合わせ
https://www.jpsnet.jp/recommended/product/detail/70


「SenseThunder」はAIを活用した温度検知機で、マスクをつけたままでも0.3秒の高速で温度検知が可能。現在出荷台数No.1*を誇る、withコロナ時代の必須アイテムです。

■AI温度検知ソリューション「SenseThunder」
https://www.japancv.co.jp/solutions/thermography

■JCV YouTube動画
・複数同時温度検知デバイス「SenseThunder-Air」(https://youtu.be/TNrPYCQmEME
・「SenseThunder」は温度検知だけじゃない! (https://youtu.be/i8VHe6Nn-Kc

*1「SenseThunder」は株式会社富士経済が2020年12月に実施した「COVID-19の流行により激変する検温/体温測定向けサーマルカメラ関連市場の現状と将来予測」に関する調査の結果、非接触検温/体温検知装置(タブレット型)1位(2020年見込・販売数量/台数)を獲得しました。

■上新電機株式会社の概要
社名:上新電機株式会社(Joshin)
本社所在地:大阪府大阪市浪速区日本橋西1-6-5
代表者:金谷 隆平
資本金:151億21百万円(2021年3月末時点)
主な事業内容:家電製品、情報通信機器、エンターテインメント商品及び住宅設備機器とこれらに関連する商品の販売及び付帯業務。商品の配送・据付・修理及び保守業務。FC等への商品供給。長期修理保証業務。
事業規模:全国220店舗、24サービスセンター、Joshin webショップの展開(2021年3月末時点)

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ