このページの本文へ

TKCシステム利用による法人税の申告処理社数(年間)が60万社を突破しました

TKC
2021年06月01日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

TKC
-1万1400名超のTKC会員(税理士・公認会計士)が税務申告を支援- 

【トピックス】 ・TKCのシステムを利用して税務申告する法人の数が、60万社を突破 ・日本の法人申告社数約289万社のうち20%超が、TKCシステムを通じて税務申告している ・電子申告の義務化が追い風に


株式会社TKC(本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:飯塚真規)が開発・提供する法人決算申告システム(TPS1000)、法人電子申告システム(ASP1000R)、連結納税システム(eConsoliTax)は、会計事務所と中堅企業・上場企業グループの”最適な決算申告プロセス”を支援するシステムです。それらのシステムを利用して税務申告する法人の数は増え続けており、本年5月31日に60万社を突破しました。

日本の法人申告社数約289万社(※1)のうち20%超が、TKCシステムを通じて税務申告していることになります。これは、1万1400名超のTKC会員(税理士・公認会計士)による税務申告の支援によって実現されたものです。
(※1)国税庁「令和元年度 統計年報(法人税)」より








※TKCのクラウドサービスの基軸となるデータセンター(TISC)

●電子申告の義務化が追い風に
TKCシステムを利用して税務申告する法人が増えている要因の一つには、資本金1億円を超える法人において電子申告が義務化されたことがあります。これを受けて、資本金1億円超の企業約2万2000社のうち、7500社超がTKCシステムを導入。30%超のシェアを獲得するまでに利用社数を増やしています。

なお、日本の法人のうち約240万社が電子申告を実践しており、その中の約25%の法人がTKCシステムを使って電子申告をしています。つまり、4社に1社が当社のシステムを利用して電子申告を実施しています。

TKCはこれからもTKC会員の税理士・公認会計士と連携し、タックス・コンプライアンスを重視した税務システムによる中小企業や中堅・大企業の税務申告を支援してまいります。


<ご参考>
株式会社TKCでは、昭和56年に日本で最初の法人税申告書作成システム(TPS1000)の提供を開始しました。その後、多くのTKC会員事務所や中堅・大企業にご評価いただき、40年間で60万社を超えるまでに成長いたしました。

〈TKC法人決算申告システムの利用による処理社数の推移〉


■法人決算申告システム(TPS1000)
中小企業の決算申告を支援する会計事務所向けの申告システム。TKCの財務会計システム(FXシリーズなど)を利用している企業については、その財務データをもとに法人税申告書や決算書を作成できます。

■法人電子申告システム(ASP1000R)
法人税、消費税、法人地方税の電子申告に完全対応した、中堅企業・上場企業グループ向けの電子申告システムです。税務コンプライアンスの向上と電子申告を支援します。

■連結納税システム(eConsoliTax)
900企業グループ、1万1000社で利用されている連結納税システムです。「適正」「正確」「迅速」な連結納税業務を支援します。


【株式会社TKC 会社概要】
会社名    :株式会社TKC
代表取締役  :飯塚真規
住所     :栃木県宇都宮市鶴田町1758番地
資本金    :57億円
従業員数   :2312名(2020年9月末現在)
設立     :1966(昭和41)年10月22日
URL    :https://www.tkc.jp/

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ