このページの本文へ

プロジェクト管理freee、工数入力リマインドをSlackで通知可能に

freee
2021年03月31日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

freee
簡単な設定でslackと通知連携!工数入力漏れ防止・入力内容のズレを通知し正確な収支管理を実現


Slackでの通知イメージ(工数未入力のリマインド、勤務時間とのズレを通知)
 freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は、工数入力を簡素化・プロジェクトのリアルタイム収支管理を実現する「プロジェクト管理freee( https://www.freee.co.jp/project-management/ )」に、従業員に対して工数入力のリマインドをslackでできる機能を追加しました。
昨年11月にリリースした「工数入力の自動チェック、リマインド機能」は、各従業員の工数入力状況を自動的にチェックして、従業員へ入力リマインドや勤務時間と入力した時間のズレを通知します。通知手段はメールのみでしたが、新たにslackを追加しました。設定画面よりチェック内容や送信タイミングを柔軟に設定することができます。

プロジェクト管理freeeは、プロジェクト毎の収支を素早く正確に見える化するために、管理工数情報のリアルタイム収集に注力しています。本機能により、普段使い慣れたツールで通知できるようにすることで、工数管理の定着がより簡単に図れるようになります。

■プロジェクト管理freeeとは


主にプロジェクト型ビジネス(※1)を行う企業に向けた、プロジェクト毎の工数管理・経費管理を簡素化し、リアルタイムでプロジェクト毎の収支管理を可能とするサービスです。

※1:顧客から特定の案件などを請け負い、社内やパートナー企業の人材を割り当て、受注した案件を遂行していくビジネス。システム受託開発やコンサルティング業など。

■Slack連携の設定方法
従業員向けの工数入力リマインドをSlackで通知するためには、システム管理者による設定が必要です。難しい開発などは不要で、設定画面からslackへの通知許可をしてください。
詳細は以下URLをご覧ください。
https://sites.google.com/c-fo.com/project-management/update/2021-03-30?authuser=0
通知の受け取り方法のメールor slack設定イメージ(従業員版)
今後も申請承認の通知など様々な機能でSlackへの通知に対応していきます。今後のアップデートにご期待ください。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ