このページの本文へ

顧客対応ツール『Re:lation(リレーション)』がCRM ツール『クライゼル』と連携

株式会社インゲージ
2021年03月29日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社インゲージ
株式会社インゲージ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:和田 哲也)の提供する、問い合わせ対応コミュニケーションクラウド『Re:lation (リレーション) 』と、株式会社セプテーニ・データ・ソリューションズ(本社:東京都新宿区、代表取締役: 武藤 政之 )の連結子会社であるトライコーン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:福原 雄亮、以下「トライコーン」)の提供するCRM ツール『クライゼル』がシステム連携をいたしましたことをお知らせします。



連携機能について

『Re:lation』では、単に機能拡充だけでなく連携機能を充実させることで、より多くの顧客のニーズに応え、問い合わせ業務の効率化、品質向上に寄与しています。

今回の『クライゼル』のフォーム機能との連携によって、
以下のアクションが可能となります。


フォームの顧客情報をRe:lationのアドレス帳に自動登録



『クライゼル』のフォームの入力内容を『Re:lation』上で確認できるだけでなく、氏名、メールアドレス、電話番号といった主要な顧客情報が『Re:lation』のアドレス帳に自動的に登録されるようになりました。

そのため、フォームからの顧客情報の入力の手間が大きく削減されることはもちろん、タイムライン機能でこれまでのやりとりをワンクリックで確認でき、そのまま返信文を作成、送信することも可能です。

この『クライゼル』との連携によって顧客対応にかかる時間を短縮できるようになり、迅速で的確な問い合わせ対応による顧客体験価値の向上に貢献します。


『Re:lation(リレーション)』について

『Re:lation(リレーション)』は、メール、LINE、Twitter、チャット、電話対応などの複数のお問い合わせ窓口を一元管理し、チームで共有できるコミュニケーションクラウドです。

『Re:lation』は複数人で問い合わせに当たることを前提に、二重返信防止、未対応案件が一目瞭然のステータス管理、承認機能などの機能を備え、対応ミスや漏れを未然に防ぎ「一人ひとりと向き合える」顧客対応を実現できます。

メール・LINE・チャット・SMSなど異なる窓口からの問い合わせも、過去のやり取りをひとまとめに確認できるタイムライン機能、添付ファイルや予約語設定も可能なテンプレート・フレーズ共有などの機能により、応対スピードも、応対品質も飛躍的に高まります。

問い合わせ業務の効率化・対応品質の向上に寄与し、デザイン性も優れている点が高く評価され、EC事業者・コールセンターを中心に2,700社以上の導入実績があり、2019年にはグッドデザイン賞を受賞しました。

『Re:lation』は、ブラウザベースで利用可能なクラウドサービスであり、インターネット環境さえあれば、テレワークや在宅勤務、あるいは地方拠点での勤務であっても、同じチーム・部署内のメールを共有することができます(※1)。これにより、勤務時間や勤務場所が異なっても、細やかな相互のコミュニケーションが自然に生まれ、チームとしての一体感が醸成されます。

Re:lation(リレーション): https://ingage.jp/relation


『クライゼル』について

トライコーンが提供するクライゼルはインターネット上での CRM 活動に必要な、顧客データベース管理機能やメール配信機能、フォーム作成機能、サイト作成機能などを実装したクラウドサービスです。

クライゼルでは、クライゼルは用途・運用の拡張性に優れています。会員データベース、Webフォーム、管理者アカウントはいくつでも自由に作成することができます。追加コストをかけることなく、スピーディな施策実行に利用できます。

データ活用を柔軟に行うためのAPI(※)を提供しており、お客様のご要件に合わせた柔軟なシステム連携を行うことができます。また、フォーム機能にはwebhook送信機能をが実装しされており、様々な外部システムとリアルタイムでデータ連携を行うことが可能です。

加えて、さらにクライゼルで管理している顧客データを、トライコーンが提供するCDP※(カスタマーデータプラットフォーム)(※)に連携させるサービスもを提供しており、ます。顧客データと顧客のWeb行動履歴を可視化させることで、見込み顧客の抽出や施策実行の強化に貢献を支援します。

※API、CDPは有償オプションサービスです。

クライゼル https://www.kreisel.bz/


補足

※1 接続できるネットワーク環境を限定することも可能。(プランにより設定)この文章内に記載されている企業名、サービス名、製品名は一般に各企業の登録商標または商標です。なお、本文および図表中に「™」、「(R)」は明記しておりません。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ