このページの本文へ

非接触型AI温度測定機能付き顔認証端末「Face Four mini」を販売開始

ダイワ通信株式会社
2021年03月29日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ダイワ通信株式会社
店舗での感染症対策に最適



ダイワ通信株式会社(本社:石川県金沢市、代表取締役:岩本秀成)は、非接触型AI温度測定機能付き顔認証端末「Face Four mini(フェイスフォー ミニ)」を2021年4月上旬にリリースします。

本製品は、昨年3月の発売以降、全国の自治体や、病院、企業に多数導入させていただいた「Face Four」のシンプルモデルとなり、スタンドアロン運用で検温を実施したいユーザー向けの製品となります。
現在、数多くの検温端末が各社から販売されていますが、多くは熱画像処理により体表面温度のみを測定するため、環境温度の影響を受けやすく、実際の体内温度との誤差が大きくなってしまうこともあります。
本製品は、熱電対センサーを内蔵した温度測定モジュールを搭載し、高精度の温度測定機能を維持しつつも、1.温度検知、2.マスク検知の2つの機能のみに絞り、サイズも小型化したことで、従来より、コストダウンを実現しました。飲食店や小売店にも設置しやすい仕様となっており、感染症水際対策としてすぐにご使用いただけます。今後は、感染拡大のリバウンドに注意しつつも経済活動を持続、再開していく中で、「with コロナ時代」を長期的に見据えた生活様式が標準化していくことから、発熱者の識別やマスク着用有無の検知はシンプルながらも効果的な水際対策になります。約0.2秒というスピードで測定可能なため、対象となる人物に滞在負担をかけることなく、効率的に非接触で検温が可能となります。Face Four miniは、検温時における時間的、人的負担の省力化に貢献いたします。
<主な製品特長>
●液晶表示:4インチ
●測定原理:熱電対センサー
●測定範囲:30℃~45℃
●測定精度/偏差:0.1℃/±0.3℃
●測定距離:0.2~1m
●測定時間:最速0.2秒
●動作環境:15℃~30℃(屋内、無風)
●電源:DC12V
●寸法:88×33×175mm(体温測定部を除く)
卓上置きタイプ
スタンドタイプ(スタンド別売り)
今後開発するデバイスは、ダイワ通信が、デバイスの提供から設置、保守サポートまで一貫した導入サービスを提供する予定です。
※本製品は被測定者の体表面温度を元に、予測式の体内温度を表示する装置です。医療機器ではありません。
また、人物の体表面温度に基づき「予測式」で体内温度を表示しているため、体温計ではありません。
【お問い合わせ先】
ダイワ通信(株) セキュリティ事業部
TEL:076-291-4001
ホームページ:http://www.daiwawa.com
※会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。 ※仕様は改良の為、予告なく変更する場合があります。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ