このページの本文へ

AVAS向けに自己診断機能を備えたハイレゾ対応の車載用D級オーディオ・アンプを発表

STマイクロエレクトロニクス
2021年03月17日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

STマイクロエレクトロニクス


STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、小型かつコスト・パフォーマンスに優れた車載アプリケーション向けに設計された、ハイレゾ対応の車載用D級オーディオ・アンプ「HFDA801A」を発表しました。

HFDA801Aは、スイッチング周波数が2MHzのパルス幅変調(PWM)を使用するクワッド・ブリッジ構成の車載用D級オーディオ・アンプです。内蔵の高性能DAコンバータにより、電源オン / オフ時のノイズを発生させずに、あらゆる負荷状態においてHi-Fi品質のサウンドを提供することができます。また、121dBの信号ノイズ比、120dBのダイナミック・レンジ、わずか10μVの出力ノイズにより、低コストかつ小型の部品においてきわめて高いオーディオ性能を実現します。

HFDA801Aには、LCローパス・フィルタ後からのフィードバック構成が採用されており、最大80kHzの超広帯域かつフラットな周波数特性を実現できるため、外付け部品を最小限に抑えることができます。広帯域幅に対応することで、ハイレゾ対応のオーディオ・システムに使用することができ、インダクタやキャパシタの品質にかかわらず、優れた線形性と低い全高調波歪率を実現します。

また、専用のアーキテクチャが採用されており、必要な電圧のすべてをデバイス内部にて作り出すため、追加のレギュレータなしで車載バッテリから電源供給が可能です。幅広い負荷に対応しているため、4チャネルすべてが2Ωの低インピーダンス負荷を高パワーで駆動しているときでも安定した性能を発揮します。

さらに、自己診断機能、デジタル・インピーダンス・メータ、およびリアルタイム負荷電流モニタを搭載しているため、車両接近通報装置(AVAS)など、安全性が要求され、ASILへの準拠が求められるオーディオ・アプリケーションにも使用可能です。

HFDA801Aは、現在サンプル出荷中で、2021年後半に量産が開始される予定です。価格およびサンプル提供については、STのセールス・オフィスまたは販売代理店までお問い合わせください。

詳細については、ウェブサイトをご覧ください。
( https://www.st.com/ja/automotive-infotainment-and-telematics/hfda801a.html?icmp=tt20183_gl_pron_feb2021 )

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、約46,000名の従業員を擁し、包括的なサプライ・チェーンと最先端の製造設備を有する世界的な独立系総合半導体メーカーです。約10万社を超えるお客様や数千社のパートナー企業と協力しながら、お客様のビジネス創出や持続可能な社会をサポートする半導体ソリューションの開発ならびにエコシステムの構築に取り組んでいます。STのテクノロジーは、スマート・モビリティ、電力エネルギー管理の効率化、IoT・5G通信の普及を可能にします。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st.com )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
オートモーティブ & ディスクリート製品グループ
TEL : 03-5783-8260 FAX : 03-5783-8216

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ