このページの本文へ

HPE、HPE SimpliVityでエッジでのリーダーシップを加速

HPE
2021年03月11日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

HPE
エッジからクラウドまでの包括的なデータ保護とコンテナ統合により、アプリケーションのモダナイゼーションを加速


ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)(日本ヒューレット・パッカード株式会社 本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:望月 弘一)は本日、HPE SimpliVityのエンタープライズエッジ向け機能強化を発表しました。データ保護強化が含まれ、クラウドへのバックアップ機能を付加し、コンプライアンス要件への対応にはオンプレミスへのバックアップを選択することができます。また、エッジでクラウドネイティブアプリケーションを実行するコンテナをサポートすることにより、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の促進を支援することを発表しました。

HPE SimpliVity

HPE SimpliVityは以下の強化が施されています。

HPE SimpliVityとHPE Cloud Volumes Backupの連携:複数のエッジサイトからクラウドへのバックアップをシンプル、効率的、柔軟に行えます。
HPE SimpliVityとHPE StoreOnceとの統合を強化:分散したエッジサイトのデータ保護にあたって、HPE StoreOnceアプライアンスにアプリケーション対応の自動化ポリシーを設定し、アプリケーションとデータを直接複製し、コンプライアンス対応およびデータの長期保存が行えます。
HPE SimpliVity用Kubernetes CSI Plugin:コンテナと仮想マシン(VM)両方のワークロードをエッジの統合プラットフォーム上で実行できるよう、最適化された管理性と耐障害性を備えたオールインワンのハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)を提供します。


Staples Solutions社のインフラストラクチャソリューション アーキテクトであるAleh Sadaunichy氏は次のように述べています。「小売業や多くの店舗・拠点を持つビジネスであれば、支店や倉庫にHPE SimpliVityを配置することを強くお勧めします。シンプルさ、拡張性、信頼性、卓越したスピード、データのリストアの容易さが、この製品を選ぶ理由です。パブリッククラウドへのバックアップを含む包括的なデータ保護機能は、非常に魅力的です。」

エッジでのアプリケーションとデータの増大は著しく、エッジでアプリケーションを実行してデータを処理することで、データから価値を引き出す機会が新たに生まれています。また、新たにクラウドネイティブアプリケーションをエッジに導入し、同時にエッジで今までの仮想化アプリケーションも引き続き利用するという動向があります。

このような動向を踏まえ、HPEは業界で最もインテリジェントで完全なエッジソリューションを提供しています。このソリューションには、エッジで求められる要件であるパフォーマンス、耐障害性、拡張性、データ要件に対応する、HPE Arubaの安全な無線および有線ネットワーキングおよびワークロードに最適化されたインフラストラクチャが含まれます。

エンタープライズエッジとは、小売業、病院、金融サービス、製造業などにおける分散した拠点、場所に代表される重要なセグメントです。エッジコンピューティングインフラストラクチャは、管理が極めて容易である、アプリケーションが常時利用できる、拠点間でデータを迅速に回復できる、耐障害性と効率的なデータ保護機能が組み込まれていることが必要とされています。

HPE SimpliVityは、エンタープライズエッジ向けに最適化された、業界随一のインテリジェントHCIソリューションであり、最小の設置面積で高可用性を実現する効率的なオールインワンアプライアンスです。HPE SimpliVityは、集中管理と自動化により運用管理者を最小限にすることを可能にするビルトインのデータ保護機能を提供するとともに、業界をリードする確かなデータ効率を提供し、経済性を向上させます。HPEは現在、データ保護機能に加え、エッジでVMと一緒にコンテナを実行するための柔軟性を提供しています。

エッジからクラウドにわたる包括的なデータ保護
HPE SimpliVityは、データベースや一般的な仮想化を含むエッジのワークロードに対して、高可用性と迅速なデータ復旧を実現する、耐障害性とデータ保護機能を備えています。複数拠点のHPE SimpliVityフェデレーションにまたがる組み込みリモートバックアップにより、分散サイトにまたがるアプリケーションを効率良く、迅速に復旧することが可能です。HPE SimpliVityを使用すると、VMデータは迅速かつ自動的に別のノードにバックアップされるため、1つのノードがダウンしても、混乱なく対処することができます。実際、1TBのVMは60秒未満でバックアップまたはリストアできます。これにより、自然災害時の事業継続性を確保したり、ランサムウェアなどのセキュリティ脅威からデータを保護することが可能となります。

クラウドへのバックアップとオンプレミス内での先進的なバックアップの導入により、HPE SimpliVityは、エッジ向けの最も包括的なデータ保護ソリューションを提供します。

データ保護をクラウドに拡張
HPE SimpliVityとHPE Cloud Volumes Backupとの連携により、クラウドへのバックアップがシンプル、効率的、柔軟に実行できます。追加のバックアップソフトウェアやハードウェア装置を必要とせず、複数のエッジサイトを3回のクリックで、もしくはポリシーの自動化によりvCenterからクラウドに安全にバックアップすることができます。他のクラウドとは異なり、バックアップの際にはデータ転送に対する課金なしで複数のエッジサイトに簡単にリストアできます。HPE Cloud Volumes Backupはコストの最適化を、使用量に応じた価格設定、データ転送を最小限に抑える帯域幅の効率的な使用と、クラウドでの効率的なデータ保存により実現します。

長期保持とコンプライアンスに対応する、一元管理された費用対効果の高いバックアップ
HPE SimpliVityとHPE StoreOnceとの統合により、複数にまたがるエッジサイトで、ポリシーを設定してアプリケーションとデータを中央のHPE StoreOnceアプライアンスに直接、容易かつ効率的に複製できるため、データ保護の複雑さ、コスト、リスクが軽減できます。HPE StoreOnceと統合したHPE SimpliVityは、厳格なコンプライアンスやデータの長期保持サービスレベル契約(SLA)を締結しているお客様に最適です。数十のサイトにまたがる数千のVMに対して、エッジからコアまでのバックアップポリシーを1分以内に作成または更新することができ、3回のクリックで簡単にデータのバックアップとリストアができます。また日常的に20:1の重複排除比率*1を達成して高いデータ効率を実現することが可能です。

HPEのHCI、Primary Storage & Data Management Services担当VP兼GMのオマール・アサド(Omer Asad)は、次のように述べています。「エッジ環境でビジネスを展開する当社のお客様は、その使いやすさと優れた経済性からHPE SimpliVityを採用しています。HPEは、HPE SimpliVityの新機能への投資と開発を継続しており、お客様がエッジやコンテナベースのデータを活用してイノベーションを起こし、新しいアプリケーションの開発を加速し、顧客に差別化された体験を提供いただくことができるよう、取り組んでいます。」

エッジのためのアプリケーションモダナイゼーション
あらゆる業種でハイブリッドクラウドを介したアプリケーションの開発と展開の方法を変革しています。IT部門は進化を続ける仮想化とコンテナベースのアーキテクチャをサポートできるよう、インフラストラクチャがさらに俊敏で、自動化され、ポリシーベースの運用ができることを求めています。クラウドネイティブアプリケーションやコンテナでは、ステートフルアプリケーション用の永続ストレージを必要とし、開発者のセルフサービス自動化を可能にする、ソフトウェアデファインドインフラストラクチャが必要とされています。Kubernetesなどのコンテナベースのフレームワークは、データセンターのみならず、エッジでも構築・展開されます。

HPE SimpliVityは、コンテナベースのワークロードをエッジで実行するために、Kubernetes用のContainer Storage Interface(CSI)ドライバーをサポートするようになりました。HPEは、コンテナベースアーキテクチャへの移行を加速するために、HPE SimpliVityからKubernetesまで、シンプルで統一されたエクスペリエンスを提供します。CSIと永続トボリュームに対応することで、VMとコンテナワークロードの両方をエッジサイトで同じHCIプラットフォーム上で実行できるようになり、コンテナ専用のインフラストラクチャが不要になります。エッジサイトとリモートサイトでは、管理が簡素化され、永続ボリュームのバックアップやリストアを1分以内に行うことができるため、差別化されたデータ保護が可能になります。 お客様は、統合されたHCIソリューションにより、アプリケーションを常時オンにして常に保護しながら、エッジでのアプリケーションをモダナイズすることができます。

販売開始時期
HPE SimpliVity 4.1.0は、有効なサポート契約を結んでいるHPE SimpliVityのお客様を対象に、本日より追加料金なしでご利用いただけます。今回発表されたすべての新機能は、VMware vSphere 7.0でサポートされています。

参考情報
HPE SimpliVityに関する詳細:
https://www.hpe.com/jp/ja/integrated-systems/simplivity.html

HPE Cloud Volumes Backupに関する詳細:
https://www.hpe.com/jp/ja/storage/cloud-volumes.html

HPE StoreOnceに関する詳細:
https://www.hpe.com/jp/ja/storage/storeonce.html

(注記)
*1 重複排除比率を20:1と仮定し、HPE StoreOnceから完全生成されたバックアップと比較した場合。

■ヒューレット・パッカー エンタープライズ(HPE)について
HPEは、edge-to-cloud platform as-a-serviceを提供するグローバル企業です。あらゆる場所に蓄積される全てのデータの価値を解き放ち、事業の成果を加速させるお手伝いをします。人々の生活そして働き方の向上を目指し、数十年にわたって未来の再考とイノベーションを重ね、HPEはユニークながらオープンでインテリジェントなテクノロジーソリューションを提供しています。すべてのクラウドとエッジにわたる一貫性のある利用感により、お客様が新たなビジネスモデルを開発し、新たなエンゲージメントを展開し、運用のパフォーマンスを最大化できるようサポートしています。詳細はwww.hpe.com でご確認ください。

■プレスルーム
https://www.hpe.com/jp/ja/japan/newsroom/press-release.html

                       # # #

このプレスリリースで使用されているその他の製品名は識別の目的のためのみに使用されており、それぞれの企業の商標である場合があります。

【お客様からのお問い合わせ先】
カスタマー・インフォメーションセンター
TEL:0120-268-186 または03-5749-8279
ホームページ: http://www.hpe.com/jp/

(C) 2021 Hewlett Packard Enterprise Development LP
製品およびサービスに関する保証条件は製品およびサービスに付属する保証書に明示された保証条件のみによるものとし、本ニュースリリースの記載内容はいかなる追加保証をも行なうものではありません。当社は本レターの記載内容に技術上の誤り、欠落または本ニュースリリース作成にあたっての誤り、記載漏れがあった場合でも何ら責任を負わないものとします。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ