このページの本文へ

(共同リリース)SaaS・サブスク管理プラットフォーム「サブスクONE」エヌアイデイとサジェスタムが共同でサブスク効率化支援サービスの提供を開始

株式会社エヌアイデイ
2021年03月11日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社エヌアイデイ
2021年3月11日 株式会社エヌアイデイ 株式会社サジェスタム  株式会社エヌアイデイ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小森 俊太郎、東証JASDAQ上場:証券コード2349、以下エヌアイデイ)と株式会社サジェスタム(本社:東京都千代田区、代表取締役:藤田 聡敏、以下サジェスタム)は、2021年3月、サジェスタムが開発・提供するサブスクリプションビジネス(以下、サブスクビジネス)の管理プラットフォーム「サブスクONE(サブスクワン)」の代理店契約を締結し、共同でサブスクビジネスを行う事業者様の管理業務を効率化する支援サービスの提供を開始します。


1.代理店契約締結の背景
 近年、製品やサービスを一定期間ごとに一定の金額(利用料)で提供するサブスクビジネスが、さまざまな事業分野で拡大しています。それに伴い、既存システムと連携したサブスクビジネス向け管理システム構築のニーズが高まっています。

 サジェスタムは、SaaS等のサブスクリプションビジネスの管理に必要なコア機能を提供するプラットフォーム「サブスクONE」を提供しており、本サービスは周辺システムとの柔軟な連携が可能ですが、既存システムとの連携にはインテグレーションが必要で、導入を検討される事業者様からシステムインテグレーション企業を紹介してほしいとの声が多く寄せられていました。

 エヌアイデイは、大規模法人におけるシステムインテグレーション(SI)に強みを有しており、両社が共同で「サブスクONE」を提供することで、サブスクONEと周辺システムとの連携から運用保守まで一貫したサービスの提供が可能になります。

 サブスクONEが長所とするシステム設計の柔軟性と、エヌアイデイのシステムインテグレーションノウハウ、安定した保守・サポートの組み合わせにより、本サービスを利用する事業者様はサブスク管理業務の効率化を図りサブスクビジネスのコア業務に専念することが可能になります。

2.「サブスクONE(サブスクワン)」の概要
 サブスクONEは、サジェスタムが2020年12月から提供を開始した、サブスクビジネスを展開する事業者様に必要な管理機能を提供するクラウドプラットフォームで、様々な料金体系に広く対応でき、素早く料金プランを設定・変更できる点に特徴があります。

※関連情報: 10年超の実績を有し、大手サブスク事業を支える管理ソリューションを、一般企業向けに『サブスクONE』として提供開始、月額9.8万円から。https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000070966.html
※サブスクONEサービスページ:https://subscone.com/

3.会社概要
<エヌアイデイ>
商号:株式会社エヌアイデイ
代表者:代表取締役社長 小森 俊太郎
所在地:東京都中央区晴海1-8-10 晴海アイランドトリトンスクエアX棟29階
設立:1967年5月
事業内容:システム開発事業、システムマネジメント事業、その他事業
企業サイト:https://www.nid.co.jp
サービス紹介サイト:https://dx.nid.co.jp/subscone

<サジェスタム>
商号:株式会社サジェスタム
代表者:代表取締役 藤田 聡敏
所在地:東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル25階
設立:2010年12月
事業内容:サブスクリプション管理プラットフォーム事業、電気通信事業
企業サイト:https://www.suggestum.co.jp

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ