このページの本文へ

ShopifyとLINEを連携したCRM施策を手軽に実現!購入履歴等に応じたメッセージ配信やLINEログインを導入できるShopify Plus専用アプリをリリース

2020年12月28日 11時30分更新

文● 株式会社フィードフォース

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社フィードフォース
ソーシャルログイン・ID連携のSaaS「ソーシャルPLUS」

ソーシャルログイン・ID連携のSaaS「ソーシャルPLUS」(株式会社フィードフォース、所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司)は、Shopify Plusで構築したECサイトを対象に、LINEログインでの会員登録から自動友だち追加、Shopify上の購入履歴等に応じたメッセージ配信までを手軽に実現できるアプリをリリースしました。





Shopify Plus専用アプリ「ソーシャルPLUS」紹介ページ:https://socialplus.jp/lp/shopify_line

本アプリをインストールすることで、LINEログインを利用した会員登録やECサイト側の顧客情報・購入履歴に応じたセグメント配信、LINE上でのスムーズな顧客対応、1タップでログインできる利便性の高いリピート導線等、ECサイトと連携したLINE活用が手軽に実現可能です。(注1)
ShopifyとLINEの連携で実現できる施策イメージ

(注1)LINEログインの他にも、Yahoo! JAPAN/Apple/Google/Facebook/Twitterに対応したソーシャルログインも利用可能です。

提供機能について

ECサイトとLINEを連携活用するための機能を、パッケージで提供します。
Shopify Plusを利用したECサイト構築や全体設計、アプリ導入に関するご相談も受け付けています。
 Shopify Plus専用アプリ「ソーシャルPLUS」提供機能

アプリ開発の背景 ~Shopifyとの連携で、LINE活用をもっと柔軟に~

オンラインで継続的な顧客接点を持ちたいというニーズから、LINEを活用したCRM施策を行いたいというお声がけをいただくケースが昨今ますます増えてきました。

しかし、「ECサイトの購入履歴に応じたセグメント配信を実施したい」「ポイントの獲得状況に合わせてLINEでクーポンを配信したい」という時、ID連携がされていない・サイトのカスタマイズが柔軟にできないこと等が障壁となり、本当に実現したいことを実現できている企業はそう多くはありません。

そのような中、昨今注目を集めているEC構築プラットフォーム「Shopify」は、手元でできるカスタマイズの幅広さ・ECサイトの成長に合わせたプラン変更や機能追加の拡張性の高さが魅力です。

そこで、この度ソーシャルPLUSでは、ECサイトでの会員登録からLINEでのメッセージ配信までをシームレスに実現できるアプリを開発しました。本アプリを利用することで、エンドユーザーのUXを向上させながら、企業のECサイトやCRM基盤と連動したLINE活用をより手軽に実現可能です。

今後ソーシャルPLUSは、LINE株式会社のテクノロジーパートナーとしての実績(注2) を活かし、ECサイトと連動したLINE活用のノウハウを共有することで、日本におけるShopifyとLINEの連携活用を推進してまいります。

(注2)弊社フィードフォースは、LINEログインを主軸としたLINE活用支援において、LINE株式会社のテクノロジーパートナーに認定されています。広告効果やメッセージの配信効果を上げることに優れた実績を評価され、日本で3社しか認定されていない認定バッジ「Peformance」も取得しています。

マルチパス機能で、よりセキュリティ強度の高いソーシャルログインを実現

本アプリはShopify Plus専用です。Shopify Plusで利用可能なMultipass APIを利用することで、よりセキュリティ強度の高い状態でのLINEログインをはじめとした各種ソーシャルログインを実現しています。

Shopify Plusと本アプリをご利用いただくことで、EC運営に携わる皆様がサイトの安全性を担保しつつ、顧客体験の向上を目指す施策により集中できるようになることを目指しています。

今後の展望

LINE公式アカウント上でご利用いただける下記機能の追加を予定しております。

・レコメンド配信機能
・通知メッセージ機能(発送通知・購入完了通知等)
・会員カード作成・表示機能

さらに詳細な情報は、下記ページをご参照くださいませ。

・Shopify Plus専用アプリ「ソーシャルPLUS」:https://socialplus.jp/lp/shopify_line

Shopifyについて

Shopify(ショッピファイ)は、国内に限らず海外へのオンライン販売も、専門知識がないなかで手軽に始められる、クラウド基盤のマルチチャネルコマースプラットフォームです。

ウェブ、モバイル、ソーシャルメディア、マーケットプレイス、実店舗などの複数の販売チャネルを持つオンラインストアの作成、カスタマイズ、在庫連携、売上管理を簡単に行うことができます。プラットフォームには、ストアの経営者にとって強力なバックオフィス機能も備えられており、オンライン販売に必要なものすべてはShopifyで一元管理ができる、という手軽さが大きな特徴です。

2006年にカナダで設立されて以来、Shopifyは小規模から中小企業、大手企業など、現在まで約175ヵ国で100 万以上のオンラインストアをサポートしており、国内ではBASE FOOD(ベースフード)、土屋鞄、Tabio(タビオ)、Go Go Curry(ゴーゴーカレー)、海外ではAllbirds(オールバーズ)、Heinz(ハインツ)、Staples(ステープルズ)などの大手有名企業から世界的な著名人まで国内外において、多くのブランドにより利用されています。

◆Shopifyの特長

・$29 / 30日から導入可能
・ECサイトの成長に合わせた機能拡張もスムーズ
・約2000種類の豊富なアプリでカスタマイズ可能
・Instagramショッピングや楽天連携機能
・GoogleやFacebook、Instagramの広告配信連携機能
・1分間に10,000件以上の注文にも耐える強固なインフラ
・国際基準で保証された安心のセキュリティ

Shopify Plusについて

Shopify Plusは、Shopifyの中でも拡張性が高く、より柔軟なカスタマイズが可能な自社ECサイト構築プラットフォームです。$2000 / 30日からECサイトを構築できます。

◆Shopify Plusでしか利用できない機能(一部抜粋)

・ワークフローの自動化
・チェックアウト画面のカスタマイズ
・Googleタグマネージャーの利用が可能
・外部サービスの自動送料計算機能
・商品レコメンドを表示が可能

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ