このページの本文へ

岡谷システム、コンテナを活用したASPのデジタル・トランスフォーメーションで、迅速な介護サービスの拡充を実現

2020年12月15日 11時00分更新

文● 日本IBM

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本IBM
IBM Cloud上の介護ソフト「トリケアトプス」をコンテナ化、システム運用を開始


岡谷システム株式会社(以下、岡谷システム)、日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)、株式会社セントラルソフトサービス(以下、CSS)は、岡谷システムが提供する介護事業所向けのAIを活用した業務支援システムである「トリケアトプス」のコンテナ化を完了し、本年10月に運用を開始したことを発表いたします。岡谷システムでは、今後、当システムを通じて、多様なニーズに対応する介護サービスの拡充と、介護従事者の柔軟な働き方を推進していく考えです。

トリケアトプスは、介護事業所から現場の介護職員向けの介護に関する計画・実績管理、請求、介護職員のスケジュール管理等の業務を一元的に支援する介護ソフトです。岡谷システムでは、これまで柔軟な介護サービスの提供のため、トリケアトプスのシステム基盤として、2014年にIBMのパブリッククラウドであるIBM(R) Cloudを採用し、全面クラウド化を進めてきました。昨今では、法改正への対応をはじめとし、新型コロナウイルス感染リスクを心配する高齢者の施設利用控えや、通所介護から訪問介護への切り替えなど、介護のあり方の多様化に対応するため、さらなる介護サービス提供の迅速化と効率化に向けたシステム刷新を必要としていました。

今回、システムの刷新にあたり、岡谷システムでは、システムのコンテナ化とCI/CDのアプローチを取り入れました。コンテナ化によって、一度構築したアプリケーションについて、稼働環境やOS、構成、開発言語を気にすることなく稼働させることが可能になります。CI/CDは、継続的インテグレーションと継続的デリバリーで、アプリ開発者がソースコードを書き換えると、その後の稼働までの作業が自動化されます。それにより、アプリ開発者は、インフラの環境に依存することなく、システムの開発、運用、テストにかかるプロセスの大部分を自動化し、省力化することが可能になります。結果、岡谷システムでは、これまでシステムを停止して月に1回程度しかできなかったアプリケーションのリリースが、システムを停止することなく1日に複数回リリースすることが可能になりました。

コンテナ化とCI/CDのアプローチの導入にあたり、IBM Cloud Kubernetes Serviceと、継続的デリバリーのためのツール・セットであるIBM Continuous Deliveryを採用したことにより、音声入力等のIBM WatsonによるAI機能との統合もシームレスに実現し、AIを活用したさらなる利便性の向上も可能になります。

加えて、システムの可用性とセキュリティーの向上のため、データベースを複数サーバによるクラスター構成としました。これにより、1台のデータベースサーバが障害によりダウンしてもサービスを継続できるようになりました。

また、バックアップをオンラインで、データベースの整合性を保ったまま取得する方法を採用することで、これまで、毎週1回土日の夜間に、システムを2~3時間の間、完全に停止させた上で、バックアップを取得していたものを無停止で実施できるようにしました。

さらに、クラスター構成としたことで、本番稼働しているサーバと異なる待機系のサーバからバックアップを取得することで、本番環境にほぼ影響を与えることなくデータ更新頻度が高い日中においても1時間1回のバックアップを実現しました。

これらデータベースの環境構築は、IBM Cloudを初めとするIBMソリューションについて数多くの導入実績を持つCSSが担当しています。また、CSSでは、IBM Cloudが提供する監視サービス(Sysdig)を活用しつつ、これまでの保守、運用サポートの経験を活かし、今後もトリケアトプスの運用を支援する予定です。

岡谷システムは、今回の事業基盤強化により、ASPとしての自社のデジタル・トランスフォーメーションを加速させ、さらなる介護サービスの拡充と、介護従事者の柔軟でやりがいのある働き方向上を支援して参ります。

岡谷システム株式会社について
岡谷鋼機株式会社の情報システム子会社として、国内外の鉄鋼・製造・物流・医療・販売等様々な業界に対して、ビジネスの現場を支えるソリューションをワンストップで提供しております。近年ではIBM Power Systemsを活用した基幹システム構築、IBM Cloudを活用した介護業務支援システム等でIBMとの協業を進めております。詳細は、ウェブサイト(https://www.okaya-system.co.jp/)をご覧ください。

日本アイ・ビー・エム株式会社について
世界175カ国以上でビジネスを展開するIBMの日本法人で、基礎研究をはじめ、ビジネス・コンサルティングから、ITシステムの構築、保守・運用まで一貫したサービスの提供を通じて、お客様の企業変革やデジタル・トランスフォーメーションを支援しています。詳細は、ウェブサイト(https://www.ibm.com/jp-ja/)をご覧ください。

株式会社セントラルソフトサービスについて
創業41年のIT企業として主にお客様の製造現場での生産性向上の支援、C R Mシステムの構築、自治体のI Tの安定稼働に 寄与して参りました。IBMが描く先端テクノロジーをひとつの指針としつつ、お客様へのグローバルな競争力へ貢献することをミッションしており、近年はPowerを含めたマルチクラウド環境の構築・運用支援、コンテナ化対応支援、セキュリティー分野で I B Mとの協業を進めております。加えて I Tインフラ及びネットワークの運用代行を24/365で提供しております。

ご参考URL
超高齢社会をテクノロジーで生き生きと
https://www.ibm.com/thought-leadership/jp-ja/super-aging-society/

IBM、IBMロゴ、IBM Cloud、IBM Watson、Powerは、米国および/またはその他の国におけるIBM Corporationの商標または登録商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ