このページの本文へ

無料セミナー『CASE時代の自動車開発とは?今知っておくべきMBDデファクトスタンダード「SURIAWASE2.0構想」』開催のご案内

2020年12月10日 13時57分更新

文● AZAPA株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

AZAPA株式会社
本セミナーは、AZAPAで開催している有料セミナー『「SURIAWASE2.0 構想」が加速させるMBD(モデルベース開発) の未来』の概要を1時間/無料でお伝えするものです。




以下、有料セミナーの概要より抜粋
経済産業省(以下、METI)は自動車産業の国際競争力を高めるため「自動車産業におけるモデル利用の在り方に関する研究会」を設置し、サプライヤチェーン全体で企業間のすり合わせ開発を、MBDにより高度化する「SURIAWASE2.0」を進める為に必要な取り組みの検討を行っています。(*以上、METI HPより抜粋)
AZAPAはこの活動の事務局として、国内の大手自動車メーカーやサプライヤーと共同で「自動車開発におけるプラントモデルI/Fガイドライン」(以下、ガイドライン)及び「ガイドライン準拠モデル(MATLAB/Simulink)」(以下、準拠モデル)を作成して参りました。
本セミナーでは、METIの活動を広く自動車業界に普及させるため「SURIAWASE2.0」について、既にHP等で公開されている内容を解説し、その利点をお伝えします。


【セミナー概要】

〇セミナー名
CASE時代の自動車開発とは?今知っておくべきMBDデファクトスタンダード「SURIAWASE2.0構想」

〇日時
2021年1月 7日 (木) 14:00-15:00 1h
2021年1月13日 (水) 14:00-15:00 1h
※どちらも同じ内容です。

〇場所
Web開催(ZOOMの利用を想定しています。)

〇受講対象
・今後の自動車開発に欠かせない開発手法に興味がある方
・METIの活動に興味がある方

〇参加費用
無料

〇申込方法
https://azapa-seminar-202101.peatix.com/
上記URLのイベントページよりお申し込み下さい。

〇プログラム(※無料セミナーは以下項目のダイジェスト版となります。)
誰でもわかる!METIプラントモデルI/Fガイドラインと準拠モデル
1.なぜ大手企業が集って「SURIAWASE2.0」を進めているのか
2.METIガイドラインの解説
3.METIモデルの設計思想と活用方法概要
4.まとめ

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ