このページの本文へ

ALSI、ダウンロードファイルを無害化する新オプションを追加した「InterSafe WebFilter Ver. 9.1 SP2」を12月16日より販売開始

2020年12月09日 11時00分更新

文● アルプス システム インテグレーション株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アルプス システム インテグレーション株式会社
~未知のマルウェアを除去して”消毒”、ランサムウェア・標的型攻撃対策を強化~

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)は、ファイル無害化オプションを追加したWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter Ver. 9.1 SP2」を2020年12月16日より販売開始することを発表します。


■製品概要




■「InterSafe WebFilter」アップデートの背景
 ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)などのサイバー攻撃によって、企業や組織の機密情報が流出する事件が相次いで発生しています。こうした攻撃には、マルウェアを仕込んだファイルをダウンロード・実行することで感染させる手法が広く使われています。特に、ターゲットを定めた標的型攻撃の場合、未知のマルウェアが利用されることが多く、従来のパターンマッチング方式だけでは検知が難しいため、新たな対策が急務です。

■「InterSafe WebFilter Ver. 9.1 SP2」の製品特徴

▲「InterSafe WebFilter」と「InterSafe FileSanitizer Powered by OPSWAT」の構成イメージ(Proxy版)

 今回、販売開始する「InterSafe WebFilter Ver. 9.1 SP2」には、「InterSafe FileSanitizer Powered by OPSWAT」が追加されます。100種類以上のファイル形式に対応したファイル無害化(Deep CDR※2)と、機械学習エンジンを含む、30種類以上のアンチマルウェアエンジンによるマルチスキャンを利用して、未知のマルウェアに対応、安全なファイルダウンロードを実現するファイル無害化オプションです。
 これにより、「InterSafe WebFilter」のWebフィルタリング機能を利用した不正サイトへのアクセス・アップロード防止に加え、Webからファイルをダウンロードする際の高度なマルウェア感染防御が可能となり、サイバー攻撃対策を強化します。

※1: 本オプション製品はオープン価格です。
※2: CDR/Content Disarm and Reconstruction:コンテンツの非武装化と再構築
※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ