このページの本文へ

平田タイル、急速な市場や顧客ニーズの変化に対応する商品開発・営業販促にオラクルのデータ分析クラウドを活用

2020年12月07日 12時00分更新

文● 日本オラクル株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本オラクル株式会社
Oracle Autonomous Data WarehouseとOracle Analytics Cloudで基幹システムのデータを一元化。

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役 社長:三澤 智光)は本日、株式会社平田タイル(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:徳田 祥恭)が同社の開発営業本部において「Oracle Autonomous Data Warehouse」と「Oracle Analytics Cloud」を導入し、基幹システムの受注および販売データを一元化し、外部データと合わせて分析可能なデータ活用基盤を2020年5月より運用開始したことを発表します。平田タイルの開発営業本部では新しいデータ活用基盤により、自由度の高い分析パターンやタイムリーなデータ分析が可能になり、商品開発および営業販促活動において急速な市場や顧客ニーズの変化を把握するためのデータ活用を実現しています。



News Release

平田タイル急速な市場や顧客ニーズ変化に対応する商品開発営業販促にオラクルのデータ分析クラウドを活用
Oracle Autonomous Data WarehouseとOracle Analytics Cloudで基幹システムのデータを一元化。データの抽出・集計・分析を自動化かつセルフサービス化し、事業部門による多面的でタイムリーなデータ活用を可能に

2020年12月7日

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役 社長:三澤 智光)は本日、株式会社平田タイル(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:徳田 祥恭)が同社の開発営業本部において「Oracle Autonomous Data Warehouse」と「Oracle Analytics Cloud」を導入し、基幹システムの受注および販売データを一元化し、外部データと合わせて分析可能なデータ活用基盤を2020年5月より運用開始したことを発表します。平田タイルの開発営業本部では新しいデータ活用基盤により、自由度の高い分析パターンやタイムリーなデータ分析が可能になり、商品開発および営業販促活動において急速な市場や顧客ニーズの変化を把握するためのデータ活用を実現しています。

平田タイルは2019年に100周年を迎えた、建築用内外装タイルなどの卸売業を中心に発展した老舗企業です。そのなかで開発営業本部は、オリジナル商品開発および販売のほか、世界中から輸入してきた中高級のデザインに特化したタイル商品のセレクションを日本国内向けにリブランディングし、販売しています。

開発営業本部ではこれまで、市場の動向やトレンドを把握するため、基幹システムから抽出した売上、在庫、受発注データなどの定型レポートや全国の営業担当者による顧客へのヒアリング内容を活用していましたが、市場や顧客ニーズが急速に変化する昨今、現状をより客観的に把握することの重要性や課題意識が高まっていました。そこで定型レポートに加えて顧客の行動データなどと照合を試みましたが、データ規模が大きくなり表計算ツールでは十分に分析を行えない状態でした。開発営業本部ではIT部門の支援を最低限にしながら、この状態を解消するために、新しいデータ活用基盤を「Oracle Autonomous Data Warehouse」と「Oracle Analytics Cloud」で構築しました。このデータ活用基盤により、社内外のデータを含めた膨大なデータ分析もパフォーマンスを気にすることなく、直感的な操作で容易に行い、全ての部門スタッフが必要なときに必要なデータを活用できるセルフサービスのアナリティクス環境を実現しています。

「Oracle Autonomous Data Warehouse」は、データウェアハウスのワークロードに最適化された自律型データベース・クラウドであり、管理や監視、チューニング、スケーリングが自動化されるため、運用コストの低減や導入部門におけるデータベース担当者の運用管理の負担軽減に寄与します。「Oracle Analytics Cloud」は、ビジネスの状況を直感的に把握することのできるダッシュボードや様々なデータソースを組み合わせた分析を可能にするデータ・フローなどの機能を提供しています。分かりやすいフロー形式で分析データを準備、加工することが可能で、複雑なロジックの変更も部門の担当者自ら実行することができ、セルフサービスで様々な将来予測分析に利用することが可能です。

平田タイルでは、新しいデータ分析基盤の活用により、データ量が増加しても安定した性能で集計、分析が行えるため、データ分析範囲の拡大や外部データとの照合など、基幹システムの社内ビッグデータを多面的に分析が可能になりました。また、「Oracle Analytics Cloud」 に組み込まれた機械学習機能でのトレンド分析、顧客の嗜好遷移を資材や市場ごとなどの多様な軸で分析するなど、より高度かつ多様なデータ分析およびタイムリーな分析結果の活用が可能になり、商品の企画開発や営業販促活動でのデータ活用が進んでいます。今後は、さらに多様な外部データを合わせて、市場動向の変移把握や予測分析にも取り組んでいきます。

本発表に向けたお客様からのコメント:
「『Oracle Autonomous Data Warehouse』と『Oracle Analytics Cloud』を導入してから、直感的に操作できるユーザー・インターフェースや誰もが簡単にデータを分析できる環境の重要性を実感しています。顧客との商談場面においてクラウドに外出先からアクセスすることで、トレンドに関するデータ分析を直感的な操作でプレゼンすることが可能で、限られた時間、面談の機会でより説得力が高く、成果が得られる営業活動に繋げることが出来ます。また、自由度の高い分析が可能なため、機械学習機能をトレンドの把握や分析モデルの検証、在庫精度を上げるようなデータ分析など、部内で様々な分析ユースケースのアイディアが生まれています。昨今の新型コロナウィルスによる市場の変化により、より短いサイクルで市場の状況を把握することが必要です。第三者のデータや社内データ、営業実績などを分析し、傾向値を短期間で導き出すことで、経営判断に役立つデータ分析を行っていきたいと思っています。」
株式会社平田タイル 常務取締役 開発営業本部 本部長 平田 幹人 氏


日本オラクルについて
私たちのミッションは、人々が新たな方法でデータを理解し、本質を見極め、無限の可能性を解き放てるよう支援していくことです。データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス、それらの利用を支援する各種サービスを提供しています。オラクル・コーポレーションの日本法人。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp

オラクルについて
Oracle Cloudは、セールス、サービス、マーケティング、人事、経理・財務、製造などを網羅する広範なアプリケーション群、「Oracle Autonomous Database」に代表される、高度に自動化され、高いセキュリティを備えた第2世代インフラストラクチャを提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 石山
Tel: 03-6834-4837  E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルームhttps://www.oracle.com/jp/corporate/press/index.html

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ