このページの本文へ

SUPER GT 2020 GT300観戦レポート 第6回

SUPER GT第6戦鈴鹿はまさかの大逆転劇で順位が激しく入れ替わり!

2020年11月05日 15時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) 写真●加藤智充 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

圧倒的速さもセーフティーカー導入で
天国から地獄、またその逆も

 新型コロナウイルスの影響により、3ヵ月遅れで開幕した今シーズンのSUPER GTシリーズ。その第6戦の決勝が10月25日、鈴鹿サーキットで開催され、GT300クラスは21号車 Hitotsuyama Audi R8 LMS(川端伸太朗/近藤翼)が今シーズン初優勝を飾った。

優勝した21号車Hitotsuyama Audi R8 LMS(川端伸太朗/近藤 翼)

 第3戦に続いて2度目の鈴鹿での開催となった今大会。異なるのはコンディションと鈴鹿のスタンドにファンの姿が戻ってきたことだ。

ポールポジションを獲得した96号車 K-tunes RC F GT3

96号車のドライバーである新田守男と阪口晴南

 予選では96号車 K-tunes RC F GT3がポールポジションを獲得。その隣には61号車 SUBARU BRZ R&D SPORT、2列目に3番手の6号車 ADVICS muta 86MC、4番手には11号車 GAINER TANAX GT-Rが並んだ。

61号車 SUBARU BRZ R&D SPORT

 注目すべきは61号車 SUBARU BRZ R&D SPORT、11号車 GAINER TANAX GT-R、そして7番手に55号車 ARTA NSX GT3などウエイトハンデの上限100kgを積んだマシンたちが上位に並んだ点。今後のチャンピオンシップを占う上で重要なポイントと言える。

スタート直後の様子

 13時に決勝レースの幕が切って落とされた。ホールショットを獲ったのは、ポールポジションの96号車 K-tunes RC F GT3。大きなアクシデントや順位変動なく1周目を終えたころ、3番手スタートの6号車 ADVICS muta 86MCは先頭2台と1周目で3秒近くの差が開く。

6号車 ADVICS muta 86MC

 7周目、トップの96号車 K-tunes RC F GT3に61号車 SUBARU BRZ R&D SPORTが急接近。2コーナーで61号車SUBARU BRZ R&D SPORTのステアリングを握る山内英輝選手が96号車 K-tunes RC F GT3(新田守男)のインに飛び込み、S字コーナーでトップが入れ替わる。その後、山内は勢いが衰えることなく2位以下に5秒以上の大差をつけて独走状態へ。一方、96号車 K-tunes RC F GT3はペースダウン。13周目には8番手までポジションを落としてしまう。

61号車 SUBARU BRZ R&D SPORTのステアリングを握る山内英輝選手

 トップ争いで最初にピットに飛び込んだのは6号車 ADVICS muta 86MC。18周目終わりでピットに入りフルサービスを済ませてコースへ戻る。さらにピットが慌ただしくなった21周目、52号車 埼玉トヨペットGB GR Supra GTがS字でコースオフをし、セーフティーカーが導入。これによりトップを走行していた61号車 SUBARU BRZ R&D SPORTは築いたマージンを失うばかりか、この時点でピットに入っていなかったため、トップの座から陥落。

ピットサービスを受ける61号車 SUBARU BRZ R&D SPORT

順位が大幅に入れ替わり
表彰台に向けた執念のバトルも!

 レースが再開したのは26周目から。同時に先頭集団が一気にピットへなだれ込んできた。これにより事実上のトップは6号車 ADVICS muta 86MCに。しかし27周目の1コーナーで21号車 Hitotsuyama Audi R8 LMSの川端伸太朗選手がオーバーテイクに成功。トップが入れ替わる。

21号車 Hitotsuyama Audi R8 LMS

 全車がピットストップを終えた31周目時点での上位5台は、21号車 Hitotsuyama Audi R8 LMS、6号車 ADVICS muta 86MC、5号車 マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号、4号車 グッドスマイル 初音ミク AMG、87号車 T-DASH ランボルギーニ GT3。

5番手を走行する87号車 T-DASH ランボルギーニ GT3

 36周目、今シーズンここまで苦戦が続いていた4号車 グッドスマイル 初音ミク AMGが、3番手の5号車マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号に急接近。ダンロップコーナーでオーバーテイクし、久々の表彰台に期待が高まる。

今季初表彰台を飾った4号車 グッドスマイル 初音ミク AMG

 4号車 グッドスマイル 初音ミク AMGの勢いは止まらず44周目、2番手を走る6号車 ADVICS muta 86MCをロックオン。ベテラン谷口がルーキーの小高にプレッシャーをかけるも抜くにはいたらず、14時50分チェッカーフラッグが振られた。

表彰式の様子

 GT300クラスの優勝は21号車 Hitotsuyama Audi R8 LMS。2位は3番手スタートの6号車 ADVICS muta 86MC、3位に4号車 グッドスマイル 初音ミク AMG、4位は5号車 マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号、5位にポールスタートの96号車 K-tunes RC F GT3が入った。

シリーズランキングトップの65号車 LEON PYRAMID AMG

 シリーズ争いは65号車 LEON PYRAMID AMGの蒲生尚弥/菅波冬悟組が51ポイントでランキングトップを死守。2位は11号車 GAINER TANAX GT-Rの平中克幸/安田裕信組が41ポイント、3位に38ポイントで55号車 ARTA NSX GT3の高木真一/大湯都史樹組が続く。

 第7戦は11月7~8日、ツインリンクもてぎにて開催。ウエイトハンデがポイント×1.5kgと軽減されるので、チャンピオンシップ争いはもちろんのこと、今までにはない展開が予想される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ