このページの本文へ

事業と知財の両面でスタートアップの成長を加速

IP BASE、「IPAS2020」公募を開始

2020年04月30日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 特許庁の知財コミュニティポータルサイト「IP BASE」は4月30日、知財アクセラレーションプログラム「IPAS2020」の公募を開始した。

 IPAS(IP Acceleration program for Startups、知財アクセラレーションプログラム)は、事業と知財の両面でスタートアップの成長を加速させるプログラム。知財戦略構築の必要性を感じているけれど具体的な実行に移せていない、何から始めればいいかわからない、というスタートアップを対象に、知財やビジネスなどの複数分野の専門家を含む知財メンタリングチームを一定期間派遣し、スタートアップのビジネスに対応した適切な知財戦略による事業の加速をスタートアップと一緒に目指すというもの。

 対象は産業財産権(特許権等)取得の対象となり得る新規シーズを活用した製品・サービスを研究開発している企業、6月7日まで募集する。採択は15社を予定しており、採択企業に5ヵ月の支援を実施。また、審査の結果落選した場合でもスポットメンタリングを受けるチャンスがある。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ