このページの本文へ

Pegasystems、デザイン思考アプローチでローコードアプリ開発を加速するPega Expressを発表

2020年03月17日 10時18分更新

文● ペガジャパン株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ペガジャパン株式会社
新しいローコード開発アプローチにより、わずか数週間でMinimum Loveable Products (MLP)の 開発を迅速かつ簡単に可能に


Pegasystems Inc. (NASDAQ: PEGA)の日本法人、ぺガジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡辺 宣彦、以下「ペガ」)は、本日Pega Platform™内でシームレスに統合された新しいローコードソフトウェア開発の方法論として、ローコード開発のスピード、能力、使いやすさの向上を実現するPega Express™を発表しました。ローコード開発における業界初のデザイン思考アプローチを採用するPega Expressの方法論は、段階的なガイダンスを提供することで、ビジネス ユーザーがMinimum Loveable Products (MLP)の開発を迅速かつ簡単に実現すると共に、将来にわたりMLPを繰り返し開発・提供できるよう支援します。


ほとんどのアプリ開発プラットフォームは、「要件」や「ユーザー ストーリー」などのコード中心の概念に基づいて構築された古い方法論に依存しています。この従来のアプローチは、お客様の視点やニーズをソフトウェアに適切に取り込むことができないため、ビジネス ユーザーと IT の間の長年の摩擦を緩和することに貢献できていませんでした。今日の比較的新しいローコードプラットフォームでさえ、これらの従来の方法を踏襲して改装されているため、デジタルトランスフォーメーションの成功が速度に依存する時代に、ソフトウェアイノベーションの減速を招いています。最終的には、ローコード固有の価値を侵食し、初期のアプリを拡張することでより大きな成果を達成することを困難にします。

ペガの数十年にわたるソフトウェア開発の経験・実績に基づいて定義・構築されたPega Express の方法論は、デザイン思考に関する経験とガイド付きドラッグ アンド ドロップ インターフェイスを組み合わせることで、ソフトウェアの作成者が高度なアプリケーションを開発できるようにします。ビジネスエキスパートとITプロフェッショナルは、Pegaプラットフォーム内の共有App Studio環境でシームレスにコラボレーションすることができます。この方法論における主要なデザイン要素がApp Studioに直接組み込まれるため、ゼロから開発を開始する必要はありません。お客様は、App Studio 環境において次の方法で新しいアプリの基盤を効率的かつ効果的に、共同で構築できるようになりました。

マイクロジャーニーを定義:ソフトウェアの作成者は、ユーザーが新しいアプリケーションで実行する特定のパスと、作業を推進するバックエンド プロセスを定義できます。これらのマイクロジャーニーは、通常、小規模だが価値の高い、「サービスに関する問い合わせ」、「クレーム対応」、「新しいパートナーのオンボード」などのケースを含みます。アプリメーカーは、各マイクロジャーニーの各ステージを設計し、ワークフローを構造化することで、適切な結果を導きだすことができます。

ペルソナを選択:ソフトウェアの作成者は、異なるユーザーペルソナと、各ユーザーがアプリにどのように関与するかを定義できます。たとえば、プロセスのさまざまな段階で、「顧客」、「顧客サービス担当者」、または 「融資担当マネージャー」が融資元アプリとエンゲージする方法を指定できます。さらに、ユーザーは、セルフサービスポータルやエージェント デスクトップなど、各ペルソナで使用する最適なエンゲージメント チャネルをアクティブ化できます。

データの統合:Pega Express は、ソフトウェアの作成者が新しいアプリケーションの実行とフィードに必要なデータをキャプチャできるよう支援します。ペガは、クライアントが必要なすべてのデータ ソースを1つのスクリーンでプランニングおよび視覚化できるようにすることで、データ統合における複雑さを排除します。CRM、ERP、その他のデータベースなどの異なるシステムは、連絡先情報、受注、契約などのさまざまなデータタイプを収集・保存します。ペガは、この統合環境を完全な可視性を提供することで、各マイクロジャーニーのデータの完全性を検証し、各ステージで誰が何をしたかの記録を作成できるようにします。

これらの基本的な要素が定義されたことを前提に、Pega Platform は、実行中のアプリケーションとそれに付随するアプリケーションドキュメントをワンクリックで自動的に生成します。お客様は、数週間のうちに最初の製品リリースまたは MLP を展開できます。Pega Express の方法論は、ビジネス ニーズの変化に応じてアプリに新しい機能を簡単に追加するためのプラットフォームを提供することで、最初のリリースとその後のすべてのリリースが迅速に価値をもたらすことができるよう支援します。

Pega Platform はクラウドベースのアプリケーション開発プラットフォームで、企業・組織内の誰もが豊富なユーザー エクスペリエンスと没入型のカスタマージャーニーを可能にする能力と自由を提供します。Pega Platformは、アプリケーション開発に対する直感的な視覚的アプローチを提供することで、ビジネスとITのコラボレーションを向上させ、市場投入までの時間を短縮し、コストを削減すると共に、ビジネスやテクノロジーの変化に応じて進化する将来性のあるシステムの開発をお約束します。 Pega Infinity™デジタルトランスフォーメーション ソフトウェアスイートの一部であるPega Platformには、AI、ケースマネージメント、エンドツーエンドの自動化機能も含まれており、アプリケーションをあらゆるチャネルまたはデバイスにシームレスに拡張できます。

Pega Expressの方法論は、Pega Platform 8.4と併せて利用可能となります。Pega Express詳細については、http://www.pega.com/technology/prescriptive-delivery-methodologyを参照してください。

ペガCTO兼製品マーケティング担当副社長のドン・シューマン(Don Schuerman)コメント:
「デザイン思考の原則をアプリケーションのデザイン方法に組み込むことで、デジタルトランスフォーメーションにおける変革の速度を飛躍的に向上させました。Pega Expressは、ビジネスパーソンとビジネスを実行するシステムとのエンゲージメントの方法と、このシステム進化させる方法に革新をもたらすことで、お客様が顧客のニーズに迅速に対応し、競合他社の先をいくことができるよう支援します」

■Pegasystemsについて
Pega はカスタマーエンゲージメントおよびオペレーショナルエクセレンスを実現するクラウドソフトウェアのリーダーです。世界で最も認められ、成功を収めている数々の企業や組織が、Pega の AI 駆動のソフトウェアを信頼し、ブランド・プロミスを確実に保証しながら、あらゆるチャネルですべての顧客とのインタラクションを最適化しています。Pegaのローコードアプリケーション開発プラットフォームにより、企業は顧客や従業員のニーズに合わせてアプリを迅速に構築および進化させ、世界規模でデジタル変革を推進できます。35 年以上にわたり、Pega は顧客満足度の向上、コストの削減、顧客の生涯価値の向上を実現してきました。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ