このページの本文へ

freee、コミュニケーションツールと連携で入出金管理をスマートに LINE・Chatworkに通知で支払漏れを防止

2020年03月16日 14時00分更新

文● freee

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

freee

freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)はfreeeアプリストア( https://app.secure.freee.co.jp/ )にて、LINE・Chatworkへの入出金通知アプリを公開しました。国内のコミュニケーションアプリとビジネスチャットトップシェアの2社とAPI連携することで会計freee利用者の利便性向上に寄与します。

■コミュニケーションツールへの通知で入出金管理をスマート化
会計freeeとコミュニケーションツールのメッセージ機能が連携することで、入出金や取引の期限に関する通知が届き、支払い漏れの防止・資金状況の定期的な確認作業を省略することが可能となります。また、普段業務で利用しているコミュニケーションツールに通知を集約することができます。

■freeeを中心としたAPIエコノミーの形成
freeeはAPIを通じて、様々な企業と新たなサービスの価値創造を進めていく世界観を「freeeオープンプラットフォーム」と呼んでいます。
「アイデアやパッションやスキルがあればだれでも、 ビジネスを強くスマートに育てられるプラットフォーム」をサービスコンセプトとして、APIを通じて様々な企業・サービスと繋がることで新たな価値創造を進めています。

■会計freee×LINE・Chatworkの通知機能


■ご利用方法
freeeアプリストアより無料でご利用いただけます。
freeeアプリストア:https://app.secure.freee.co.jp/
LINE入出金通知アプリ詳細ページ:https://app.secure.freee.co.jp/applications/4056
Chatwork入出金通知アプリ詳細ページ:https://app.secure.freee.co.jp/applications/4508

■freee株式会社 概要
会社名  freee株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  CEO 佐々木大輔
設立   2012年7月9日
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F
https://corp.freee.co.jp/

freeeは「スモールビジネスを、世界の主役に。」というミッションのもと、データとテクノロジーの力で「アイデアやパッションやスキルがあればだれでも、ビジネスを強くスマートに育てられるプラットフォーム」を実現します。
「自動で、経営を軽くする」クラウドサービス「クラウド会計ソフトfreee」や「人事労務freee」などを通じ、バックオフィス業務の効率化だけでなく、経営の可視化や課題解決の提案を行っています。日本発のSaaS型クラウドサービスとして、パートナーや金融機関と連携することでオープンなプラットフォームを構築し、「マジ価値(※)」を追求します。

※本質的(マジ)で価値ある:ユーザーにとって本質的な価値があると自信を持って言えることをする。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ