このページの本文へ

STM32マイクロプロセッサの性能向上と開発エコシステムの拡充を発表

2020年03月13日 09時20分更新

文● STマイクロエレクトロニクス

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

STマイクロエレクトロニクス


多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、STM32MP1マイクロプロセッサ(MPU)シリーズの拡充を発表しました。800MHzの最大動作周波数により性能を大幅に向上しつつ、650MHz製品とのソフトウェアおよびピン配置互換性をもちます。また、新たな認定パートナー企業やソフトウェア機能も追加されます。

新しいSTM32MP1は、デュアル・コアArm(R) Cortex(R)-A7(最大動作周波数800MHz)およびCortex-M4(最大動作周波数209MHz)を搭載し、音声 / オーディオ処理の高性能化、HDビデオ・デコーディング、ニューラル・ネットワークや機械学習アプリケーションにおけるAI(人工知能)機能強化、およびAndroidシステムにおけるユーザ体験の向上を実現します。また、演算処理アクセラレータおよび3Dグラフィック・アクセラレータに加え、電力効率の高いリアルタイム制御などの優れた機能が集積されています。

The Qt Company社のシニア・バイスプレジデントであるPetteri Holländer氏は、次のようにコメントしています。「広く使用されているヒューマン・マシン・インタフェース(HMI)ツールキットであるQtと、QtのQMLベースのグラフィック・ユーザ・インタフェースを、STM32マイクロコントローラ(マイコン)と同様にSTM32MP1プラットフォームにも導入することができます。そのため、開発コストを大幅に削減しつつ、製品の開発期間を短縮可能です。STとQtが提供するツール・スイートの優れた拡張性により、産業用 / IoT用HMIアプリケーションの滑らかなレンダリングを最適化する3D GPUハードウェア・アクセラレータなど、STM32MP1のリソースを簡単に活用することができます。」

STM32MP1は、柔軟なアーキテクチャでセキュリティ機能を強化しています。認証機能によるセキュア・ブート、ワンタイム・プログラマブル・ヒューズ、セキュア・オペレーティング・システム(OP-TEE:Trusted Execution Environment)などにより、ユーザのコードを保護します。また、鍵生成機能、署名ツール、STM32CubeProgrammer、ハードウェア・セキュリティ・モジュール(STM32HSM)などの包括的なセキュリティ・ツールセットが、機密データのセキュアなプロビジョニングを可能にします。

アプリケーション・プロセッサ・コアでソフトウェアを実行するためのあらゆる構成要素を備え、メインライン化されたオープンソースLinuxのOpenSTLinux Distribution には、Android用開発パッケージが追加されました。さらに、クラウドにも対応することで製品開発期間の短縮に貢献します。STは、メインライン化に関する強力な戦略のもと、Linuxコミュニティに積極的に参加し続けています。

Bootlin社の最高経営責任者(CEO)であるMichael Opdenacker氏は、次のようにコメントしています。「我々は、STがLinuxカーネルのコミュニティに積極的に参加していることに常に感心しています。STM32MP1でLinuxを利用できることはきわめて魅力的です。また、オープンソース・プロジェクトのメインライン・バージョンのサポートや、新しいバージョンに自由にアップグレードできること、セキュリティの更新にコストがかからないこと、コミュニティ・サポート、そして長期間の投資に対するセキュリティの確保など、顧客の関心やニーズをよく把握しています。このようなオープンソースのDNAを共有するBootlinは、STの認定パートナーとして、STM32MP1プラットフォームで当社のエンジニアリング・サービスとトレーニング・サービスを世界中の顧客に提供できることを誇りに思います。」

今回の拡充により、STM32CubeMXとSTM32CubeProgrammerといった強力なソフトウェア・ツールのほか、Cortex-M4用にSTM32CubeIDEデバッガも利用可能になります。

さらに、認定パートナー企業の増加により、活用できるツールやソフトウェアが大きく広がるため、STM32MP1シリーズを使用した開発が加速されます。組込みソフトウェアやソフトウェア開発ツールだけでなく、パートナー企業の専門性が活かされたトレーニング・サービスやエンジニアリング・サービスも利用可能です。STは、Phytec社を含む複数のシステム・オン・モジュール・メーカーと協力し、地域におけるサポートやシステムの柔軟性といった要求に対応します。

Phytec社のプロダクト・マネージャであるYves Astein氏は、次のようにコメントしています。「拡大を続けるSTM32MP1シリーズのさまざまなグラフィック機能とインタフェース・セットを活用することにより、PhytecのphyCORE-STM32MP1システム・オン・モジュール(SOM)設計および産業グレードのペリフェラルは、HMIを必要とするアプリケーションや、他のシステムとリアルタイムでインタラクションを行う必要があるアプリケーションなど、さまざまなアプリケーションに最適な選択肢となります。このPhyCore SOMは、長期的なメンテナンス計画が必要なあらゆる組込み設計を簡略化することができます。STとのすばらしい協力関係により、顧客の設計のセキュリティを保護するこのSOMを遅れなく提供することができました。」

またSTは、小型化が要求されるアプリケーション向けに、システム・イン・パッケージ(SiP)メーカーのOctavo Systems社と協力しています。

Octavo Systems社の戦略担当バイスプレジデントであるGreg Sheridan氏は、次のようにコメントしています。「Octavoは、STM32MP1ベースのSiPを開発する必要性を即座に感じました。当社のSiPであるOSD32MP1Pは、長期にわたる実績をもつSTのCortex-M搭載製品の知見を活用し、MPUを簡単に導入できるよう設計されています。このSiPは、STM32MP1、STPMIC1、DDR3、オシレータ、および受動部品を小型パッケージ(18 x 18mm)に集積しており、MPUをマイコンと同じように簡単に使用することができます。OSD32MP1とSTのパートナー・プログラムによるサポートを組み合わせることで、強力なMPUを活用した製品開発の加速に貢献します。」

STM32MP1シリーズは、産業グレード品(Tj = -40°C~125°C)で、10年間の連続駆動が可能です。Cortex-A7(最大動作周波数800MHz)を搭載した製品は現在量産中です。単価は大量購入時に約4.83ドルで、その他の価格オプションも用意されています。

また、ブログ記事もご覧いただけます。
https://blog.st.com/mpu-stm32mp1/

STM32は、STMicroelectronics International NVもしくはEUおよび / またはその他の地域における関連会社の登録商標および / または未登録商標です。STM32は米国特許商標庁に登録されています。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2019年の売上は95.6億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト(http://www.st.com)をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ & デジタル製品グループ
TEL : 03-5783-8240 FAX : 03-5783-8216

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ