このページの本文へ

Samsung、2019年米国市場における5Gスマートフォン販売の74%を獲得

2020年03月11日 09時00分更新

文● Counterpoint Technology Market Research Limited

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Counterpoint Technology Market Research Limited
2019年における5Gスマートフォン需要は期待外れに終わったが、6GHz以下のマルチバンド対応とAppleのiPhone新機種発売で、2020年には需要が呼び起こされるだろう。

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ (英文名: Counterpoint Technology Market Research 以下、カウンターポイント社)は、5Gスマートフォン初年度にあたる2019年に米国で売れた5G NR対応機種は200万台を下回る、と見積もっているが、これは2019年のスマートフォン売上全体の1%に過ぎず、Samsungは断トツのリーダーで、この年の販売の74%を占め、Samsung Note 10 Plus 5Gは2019年に米国で最も売れた5Gスマートフォンとなったという調査結果を含むMonthly Smartphone Model Sales Trackerによる最新調査を発表致しました。


2019年の需要が伸び悩んだことに関して、カウンターポイント社のリサーチディレクターJeff Fieldhack氏は以下のように述べています。
「米国での2019年5Gスマートフォン販売が思ったほど伸び悩んだ理由には、いくつかの要因がある。先行したVerizonはミリ波帯域のみに対応した5Gスマートフォンを投入した一方で、AT&TとT-Mobileはハイブリッド方式を選択した。Verizonはミリ波帯の5Gを31都市で開始したものの、消費者を積極的に呼び込みはしなかった。AT&Tはミリ波帯にしか対応していない機種を売るのはリスクが高いと考え、企業向けの限定的な販売を行った。T-Mobileはミリ波帯のネットワークは6都市のみで展開し、6GHz以下の5Gネットワークを運用開始したのは2019年第4四半期の終わりになってからだった。しかし、この状況は2020年には変わるはずである。その理由は、低い周波数帯を使う5Gネットワークのカバーエリアは急速に広がるからである。」

Fieldhack氏はさらに以下のように続けています。
「AT&TとT-Mobileは、2020年の半ばには、ほぼ完全なカバーエリア(2.5億カ所を超える基地局)を5G低周波帯で作り上げるだろう。さらに、AT&Tは低周波帯とミリ波帯の両方に対応する機種を投入する予定である。また、T-Mobileは5Gのマーケティングキャンペーンを増やしている。Sprintとの合併が最終段階になり、同社はスマートフォンメーカーが600MHz、Sprint社の2.5GHz、それにミリ波をサポートできるかに興味がある。今のところT-Mobileに割り当てられたミリ波帯域は限られているが、今後の周波数オークションで同社は帯域を確保するだろう。Verizonは既存の800MHz帯をダイナミックスペクトラムシェアリング(DSS)技術によって5Gでも使えるように転換するだろう。この技術を用いれば同じ周波数帯を4Gと5G両方の通信に使えるようになる。そして、米国のスマートフォンユーザーの約半数がAppleユーザーであることを考えれば、2020年に5G対応iPhoneが発売されると、市場からの5Gへの要求も強まるだろう。」


出典: カウンターポイント社によるMonthly Smartphone Model Sales Tracker

2019年の売れ筋の5G機種に関して、リサーチアナリストのMaurice Klaehne氏は以下のようにコメントしています。
「Glaxy Note 10 Plus 5Gは、Galaxy S10 5Gを抜いて2019年に最も売れた5G機種となった。Verizon、AT&T、T-Mobileの各社が5Gネットワークを立ち上げるとともに、年の後半にGalaxy Note 10 Plus 5Gは強力にプロモーションした。この機種の小売価格が$1299.99のため、キャリア各社様々な支払いプランや買い取り制度を用意し、月額$35前後のスイートスポットの端末価格になるようにした。この負担感であれば、消費者は費用総額が高くても5G端末購入の動機が高まる。LG V50は、LGの唯一の5G対応機種であった。最初に市場に現れた5G機種のひとつであるにもかかわらず、プロモーションが弱く販売は低調であった。OnePlusは、$840と価格を抑えたことでOnePlus 7 Pro 5Gが同社のトップセラー機種となった。特に、Srpintの5Gネットワーク接続したいが、Samsung S10 5Gの$1299.99では高すぎると考える消費者に受け入れられた。」

さらに2020年の見通しについてKlaehne氏は以下のようにコメントしています。
「2020年になるとキャリアも端末メーカーも5Gを選んで買ってもらうために強力なプロモーションを仕掛けるだろう。キャリアは、4Gより5Gを安くし、5Gの一般的な料金プランをストリーミングやゲームやり放題のデータ無制限にすることで、ユーザーを一度使ったら戻れなくすることで、5Gを使ってもらおうとしている。例えば、新たにアナウンスされたSamsung Galaxy S20、S20 Plus、S20 Ultraの5G無制限プランに新しい回線を契約すれば相当な額を毎月還元するというセールをキャリア各社が提供している。また、$500を切る低価格5Gスマートフォンも年内に登場するだろう。もっともこうした機種は6GHz以下の帯域を使う5Gになりそうである。いまだにミリ波帯のモジュールは高価だからである。」

最後にFieldhack氏はこのように付け加えています。
「2019年の5Gの浸透はスマートフォン販売全体のわずか1%に過ぎなかったが、2020年には25%前後になると思われる。これはAppleが2020年9月に発売予定のApple iPhoneの5G対応機種と、$500以下の5Gスマートフォンが増えることとによる。しかし、新型コロナウィルスCOVID-19の流行によって、スマートフォン市場全体が悪影響を受けると予想され、部品不足による品薄で2020年上半期は販売が減少する可能性があり十分な注意が必要である。新型コロナウィルスの影響で多くの工場で生産量が落ちており、一部は操業停止したままである。それでも、米国市場での最新5G機種の投入は端末メーカー各社の優先事項であり、米国ではほかの地域ほど新型コロナウィルスの影響は大きくないだろうが、引き続き状況を注視していく必要がある。」


このプレスリリースに関するコメントやお問い合わせは、press@counterpointresearch.com までお問い合わせください。


【カウンターポイント社概要】
Counterpoint Technology Market ResearchはTMT(テクノロジー・メディア・通信)業界に特化した国際的な調査会社である。主要なテクノロジー企業や金融系の会社に、月報、個別プロジェクト、およびモバイルとハイテク市場についての詳細な分析を提供している。主なアナリストは業界のエキスパートで、平均13年以上の経験をハイテク業界で積んだ経験を持つ。
公式ウェブサイト: https://www.counterpointresearch.com/

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ