このページの本文へ

休校期間でもいつもと変わらない教育が受けられる『双方向オンライン授業』を提供開始

2020年03月09日 14時57分更新

文● 株式会社創造学園

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社創造学園
【新型コロナウイルス対応/創造学園グループ】


兵庫県下で、小学生・中学生・高校生を対象に90教室以上の学習塾を展開する株式会社 創造学園(所在地:兵庫県神戸市中央区、代表:勝野 哲也)は、政府より発表された新型コロナウイルス感染症の影響による公立小中高の一斉休校措置を受け、創造学園グループでの対面による指導は当面の間見合わせることといたします。一方で、学校が休校となる期間の子どもたちの教育機会の確保も民間教育機関の重要な役割と考え、2020年3月5日(木)より、インターネットを介したオンラインによる双方向授業での指導を開始することを決定いたしました。

オンラインによる双方向授業は、パソコン・タブレットやスマートフォンを利用して画面越しに授業を行うものではありますが、映像を配信するだけの一方通行の講義ではなく、講師が生徒と直接語り合う中で授業を行い、授業中の理解度確認を行いながら進める指導形態です。






双方向オンライン授業について

『双方向オンライン授業』は、個別ではなく教室単位で実施し、可能な限り生徒それぞれが普段授業を受けている講師の授業を自宅でも受講できるように対応いたします。『双方向オンライン授業』は、一方通行型の映像授業とは異なるため、お互いの表情が見えることが一番の利点と考えております。

生徒と講師の間でリアルタイムに質問・応答が可能で、対面授業と変わらない臨場感の中で、講師側もその場で受講者の理解度を確認できるため、いつもと変わらない環境で授業を受けることが可能です。
今後の状況に応じて、本システムを利用することで、授業だけではなく、生徒への励ましや生徒・保護者と面談という形式をとって相談していくことも検討しています。

創造学園のオンライン授業とは?
https://www.youtube.com/watch?v=tk2zw8LM0ok&feature=youtu.be


今後の対応について

現状、3月下旬には休校期間が終了し、春期講習は通常の対面による指導が再開できると想定して準備を進めていますが、状況に応じてオンライン等、最善の授業形式でご受講いただけるよう対応させて頂きます。詳しくはホームページをご確認ください。

株式会社創造学園 HP:https://www.sozogakuen.co.jp/

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ