このページの本文へ

ウインドリバーとT-Systems、5Gクラウドネットワーク管理を実現

2020年02月20日 11時00分更新

文● ウインドリバー株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ウインドリバー株式会社

2020年2月4日、カリフォルニア州アラメダ発 – インテリジェントエッジ向けソフトウェアを提供する世界的なリーダー、ウインドリバーは本日、エッジクラウドインフラ向けソフトウェアWind River Cloud Platformが、T-Systemsのセキュアで高性能なエッジコンピューティングプラットフォームEdgAIRに採用されたと発表しました。

T-Systemsは、世界をリードするドイツテレコムグループのICT(情報通信技術)ソリューションプロバイダです。同社のEdgAIRプラットフォームは、エンタープライズエッジ向けプライベートクラウド製品で、5G、Wi-Fi 6、TSNなどの各種ネットワーク/プロトコル規格をサポートし、キャンパスネットワークへの接続が可能です。EdgAIRは、セキュアなプラットフォームで、オンサイトで大量のデータを処理するリアルタイムアプリケーションでは10ミリ秒未満という低遅延を実現します。EdgAIRはクローズドなエンタープライズネットワーク上で動作しますが、パブリッククラウドと組み合わせてハイブリッドクラウド環境として使用することができます。さらにEdgAIRは、パフォーマンスやその他の重要な情報をリアルタイムで評価する分析機能を搭載しているほか、OT(運用技術)の標準やワークロードをサポートしています。

ウインドリバーの通信部門担当バイスプレジデント、ポール・ミラーは次のように述べています。「5G、IoT、MECといったアプリケーションからのエッジコンピューティングに対する厳しい要件は、クラウドネイティブのソリューションを導入しようとする企業にとって、高いハードルになっています。Wind River Cloud Platformは、物理的に分散したクラウドネイティブな5Gインフラの導入と管理の複雑さに対処することができます。T-Systemsと協力することで、何千ものノードをサポート可能な、運用効率の高いエッジ対応クラウドを実現します」

T-SystemsのPaaS、BigData、Edge担当バイスプレジデント、トーマス・ウェーバー氏は次のように述べています。「各業界が自動運転車、ファクトリーオートメーションやロジスティクス、AR(拡張現実)など、自動化されたインテリジェントなアプリケーションの利用に一気に進むなか、セキュリティの一層の強化や高性能なエッジコンピューティングへのニーズが高まっています。T-Systemsはウインドリバーと協力して、超低遅延でセキュアなプラットフォームを提供し、企業がインテリジェントなリアルタイムアプリケーションを利用して無限の可能性を実現できるように支援します」

Cloud Platformは、クラウドネイティブとKubernetesおよびコンテナベースのアーキテクチャを組み合わせ、高性能で実運用に対応したエッジクラウドインフラ管理向けのソリューションです。オープンソースプロジェクトであるStarlingXをベースにしたCloud Platformは、初期導入や継続管理を簡素化し、場所を問わず何千ものノードをSingle Pane of Glass(SPoG)で集中管理するため、ゼロタッチで自動導入することが可能です。また、地理的に分散したクラウドすべてでソフトウェアのヒットレスアップデート/アップグレードを完全自動化するほか、ロールバック機能も搭載しています。超低コストで導入可能なネットワークエッジ1台のコンピュートノードから、高価値のアプリケーションのニーズに対応する何千ものノードまで構成が可能です。

Wind River Cloud Platformの詳細についてはこちらをご覧ください。
https://www.windriver.com/japan/products/cloud-platform/

ウインドリバーについて
ウインドリバーは、エッジコンピューティングソフトウェアを提供する世界的なリーディングカンパニーです。そのテクノロジは1981年から世界で最も安全でセキュアなデバイスに搭載され、20億を超える製品に使用されています。包括的なポートフォリオは、ワールドクラスのグローバルなプロフェッショナルサービスとサポート、広範なパートナーエコシステムに支えられています。ウインドリバーのソフトウェアと専門性は、最高水準の安全性、セキュリティ、パフォーマンス、信頼性が要求される重要インフラシステムのデジタルトランスフォーメーションを加速しています。詳細については、ウインドリバーのサイトをご覧ください。
https://www.windriver.com/japan/

T-Systemsについて
T-Systemsは、欧州に本社を置く、世界をリードするデジタル・サービス・プロバイダです。世界20カ国以上に37,500人の従業員を擁し、2018年度の売上高は69億ユーロを計上しています。詳細については、T-Systemsのサイトをご覧ください。
https://www.t-systems.com/de/en/about-t-systems/company/profile

EdgAIRについてはこちらをご覧ください。
https://www.telekom.com/en/media/media-information/archive/edgair-the-cloud-for-machines-586902


# # #

※Wind Riverは、Wind River Systems, Inc. および同社の関連会社の商標または登録商標です。記載されているその他の商標は、各所有者に帰属します。

※本プレスリリースは2020年2月4日に発表したプレスリリースの抄訳です。
https://www.windriver.com/news/press/pr.html?ID=22632

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ