このページの本文へ

【オリックス・レンテック】物流施設の自動化支援で、ロボットSIerと業務提携

2020年02月18日 11時50分更新

文● オリックス株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オリックス株式会社
~物流倉庫内のシステム構築からロボット導入まで、ワンストップで提供~

オリックス・レンテック株式会社(本社:東京都品川区、社長:細川 展久)は、このたび、物流ロボットSIerの株式会社オフィスエフエイ・コム(本社:栃木県小山市、社長:飯野 英城)と、物流倉庫内の搬送業務の自動化支援を強化するため、業務提携しましたのでお知らせします。



 オフィスエフエイ・コムは、生産設備における自動化システムの設計、製造、販売をはじめ、物流におけるWMS(倉庫管理システム) ※1の自社開発から基幹システムとの連携を手掛けるなど、国内外2,000カ所以上の工場の自動化を実現しています。

 

                             
 本協業により、オリックス・レンテックは、物流ロボットなどのレンタルに留まらず、物流倉庫における搬送業務の全工程の調査・分析や、最適な搬送システム構築までを一括してご提供することが可能になります。
 近年、物流業界はEC市場の拡大により増えた商品の取扱量・種類を、迅速にお客さまに配送することが求められる一方で、労働者不足や物流コストの上昇という課題に対して、施設内における生産性向上の必要性が高まっています。そのため、今後ますます搬送業務の省力化や商品種類、物量の変動に対して柔軟に対応できる物流システムの構築が求められています※2。

  オリックス・レンテックは、今後もロボットの利活用を促進し、さまざまな産業分野の自動化を実現することで、国内の人材不足の解消や生産性向上などの課題解決に貢献してまいります。

※1 Warehouse Management System の略称。「倉庫管理システム」と訳され、主に倉庫内に入荷してから出荷するまでの一連の作業を一元的に管理するソフトウエア。

※2 CBRE 物流施設利用に関するテナント意識調査2019(https://www.cbre-propertysearch.jp/article/logistics_market_survey-2019/

会社名 :株式会社オフィスエフエイ・コム
所在地 :栃木県小山市楢木293-21
代表者 :飯野 英城
設立 :1999年10月
事業拠点 :国内事業所(本社:栃木、東京、大阪、広島、福岡)7工場(栃木4、愛知、京都、大阪)、1研究所(栃木)
従業員数 :276名(2019年12月末現在)

 1999年10月設立し、電気・機械・制御からソフトウエアまで現場の自動化に必要なあらゆる工程に精通する独立系のロボットSIerです。専属のエンジニアを100名以上有し、産業用ロボットから協働型ロボットなど全てのメーカーに対応できる高い技術力を軸に幅広い分野に対して省力化ソリューションを提供しています。
 「FA・ロボットシステムインテグレータ協会」や、スマートファクトリーをワンストップで提供する企業コンソーシアム「Team Cross FA」の幹事を務めるなど、FA・ロボットインテグレーション業界のリーディングカンパニーです。



カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ