このページの本文へ

インフォマティクスにて、Microsoft HoloLens 2 の取り扱い開始

株式会社インフォマティクス
2020年01月30日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社インフォマティクス
株式会社インフォマティクス(本社:川崎市、代表取締役:齊藤 大地)は、「Microsoft HoloLens 2」(以下、HoloLens 2)の販売を正式に開始することを発表いたしました。 これまでMicrosoftのMixed Reality (MR: 複合現実) / HoloLens用アプリケーション開発パートナーとしてMicrosoft Mixed Reality パートナープログラムの認定を取得し、国内初のHoloLensに対応するパッケージソフトウェア「GyroEye Holo(ジャイロアイホロ)」の開発、販売をしてまいりましたが、MicrosoftとDistributor Managed Partner(DMP)契約を新たに締結し、HoloLens 2 とGyroEye Holoのセットでの受注を2月21日より開始し、3月より順次出荷いたします。


GyroEye Holoは、HoloLens 2と連携し、建築・土木現場等で設計図面をホログラムとして1分の1スケールで現実世界に正確に投射することで、さまざまな検証を視覚的に支援するシステムとして多くの建設業のお客様にご採用いただいておりましたが、HoloLens 2に対応する新バージョンGyroEye 2020.1を2月28日より順次配信いたします。

また、GyroEye Holoにて変換できるデータの上限引き上げや、Azure Spatial Anchors対応(※)など今後のGyroEyeサービスの更なる向上を目的として、6月15日よりサービス価格の改定を行うほか、5月に東京、大阪で開催するGyroEye MeetUp 2020イベント等を通じて、建設業におけるMRビジネス拡大と、建設現場の更なる生産性向上、効率化支援を目指してまいります。(※マイクロソフトのクラウドサービス Azure上で空間座標を共有する機能。GyroEye 2020.2よりサービス開始予定)
Microsoft HoloLens 2


GyroEye Holo 2020.1(画面は開発中のものです)

取り扱いラインナップについて



・価格はいずれも税別です。
・GyroEye セットパッケージには、GyroEye Holo ビューワ、GyroEye データコンバータ、GyroEye CMSが含まれます。
・HoloLens 2 製品に関する情報は、日本マイクロソフト社のホームページをご参考ください。
 https://www.microsoft.com/ja-jp/hololens/hardware
・2020年2月21日より、GyroEye公式サイトを更改予定です。
・HoloLens 2 のデバイス単体での取り扱いはいたしません。予めご了承ください。
・GyroEye データコンバータ保守は、従来通り、初年度は無償、2年目以降1ライセンスにつき50,000円(税別)となります。
・既にGyroEye CMSの年間契約を頂いているユーザ様につきましては、2020年6月末までの更新費用は従来通りの費用となりますが、2020年7月以降の更新費用は新価格が適用されます。予めご了承ください。
・HoloLens 2 用のGyroEye スターターキット(ヘルメット、バイザー、アタッチメント等)については現在検討中です。

GyroEye 2020.1について
概要
・2020年2月28日 配信予定
・HoloLens 2 への最適化対応
 - 新ジェスチャ対応(押す操作とエアタップ操作の両対応)
 - アイトラッキングによる視線カーソル(設定にてON/OFF可能)
 - 音声認識による一部の機能実行(設定にてON/OFF可能)
・GyroEye データコンバータにおける変換制限の緩和
 - 総容量を 50MB→150MB に増量。個々のファイルの変換は従来通りです。
・その他機能改良
(記載の内容は予告なく変更することがあります。予めご了承ください。)

GyroEye 2020.2について
概要
・2020年8月 配信予定
・Azure Spatial Anchors機能の搭載予定(1契約あたりの利用制限あり)
・その他機能改良

今後の予定イベントについて
以下のイベントにて、HoloLens 2 や関連製品をご紹介します。
・第6回ウェアラブルEXPO(2月12日~14日/東京ビッグサイト)
 https://www.wearable-expo.jp/ja-jp.html
・第28回3D&バーチャルリアリティ展(2月26日~28日/幕張メッセ)
 https://www.japan-mfg.jp/ja-jp/about/ivr.html
・第3回CSPI-EXPO 建設・測量生産性向上展(4月22日~24日/幕張メッセ)
 https://cspi-expo.com/
・GyroEye MeetUp 2020(5月14日/AP新橋、5月29日/AP大阪梅田東)
 https://connpass.com/event/163470/ (東京)
 https://connpass.com/event/163471/ (大阪)

日本マイクロソフト株式会社からのコメント
インフォマティクス様が新たにDMPのパートナー契約を締結いただけたことおよびGyroEye HoloのMicrosoft HoloLens 2対応バージョンのリリースを心より歓迎いたします。これにより、HoloLens 2 と、これまで建設、インフラ分野を中心に進められてきた「GyroEye」システム、加えて Azure サービスとが相互に連携し合い、相乗効果で大きな顧客価値を生み出すものになることを確信しております。日本マイクロソフトは、インフォマティクス様と共に、建設業や、インフラ分野等のファーストラインワーカーの皆様の生産性向上を目指し、更なるデジタルトランスフォーメーションを推進してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
Azureビジネス本部 業務執行役員 本部長
浅野 智

インフォマティクスについて
株式会社インフォマティクスは、1981年の設立以来、建築・設計向けのCAD/CGシステムおよび地理情報システムの開発、販売、保守サポートを行うシステムインテグレータとして成長を続けており、本社(川崎市)、営業所(大阪、名古屋)の総勢約190名の社員から成る企業です。国内の中央官庁、地方自治体、鉄道・高速、電力、金融機関、住宅メーカー、ゼネコン、設計事務所などに多数の導入実績があります。

製品に関するお問い合わせ
株式会社インフォマティクス 事業開発部 金野(こんの)、黒坂
メールでのお問い合わせ gyroeye@informatix.co.jp
〒212-0014 川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー27F
TEL:044-520-0850 FAX:044-520-0854

※GyroEye、ジャイロアイは株式会社インフォマティクスの登録商標です。その他記載の製品名、会社名は各社の登録商標です。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ