このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第274回

GeForce GTX 1660とGTX 1650と比較

GeForce GTX 1650 SUPER、Turing GTXラストピースの実力を検証

2019年11月23日 19時45分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Rainbow Six SiegeはフルHDで平均100fps超

 Apex Legendsと負荷が似た傾向のeスポーツ系FPS「Rainbow Six Siege」でも試してみた。画質は「最高」をベースに、レンダースケールを「100%」に設定。ゲームに内蔵されたベンチマーク機能を利用して計測した。

「Rainbow Six Siege」、1920×1080ドット時のフレームレート

「Rainbow Six Siege」、2560×1440ドット時のフレームレート

「Rainbow Six Siege」、3840×2160ドット時のフレームレート

 Apex Legendsよりやや高めに出るためか、今回比較した3種類のGPUの性能差は相対的に縮まっているように見える。GTX 1650に対し、GTX 1650 SUPERはおおよそ40%上におり、前述したクロック以外のスペック上昇ぶんがほぼ結果に反映された形だ。

CoD:MWはフルHDでもやや画質を下げるべき?

 同じFPS系でももう少し負荷の高い「Call of Duty: Modern Warfare」ではどうだろうか? 画質は各設定最高設定(DXRは無効、モーションブラー系はデフォルトのまま)とし、キャンペーンの「ピカデリー」で一定のコースを移動した際のフレームレートを「CapFrameX」で計測した。

「Call of Duty: Modern Warfare」、1920×1080ドット時のフレームレート

「Call of Duty: Modern Warfare」、2560×1440ドット時のフレームレート

「Call of Duty: Modern Warfare」、3840×2160ドット時のフレームレート

 GTX 1650 SUPERだと最低フレームレート(1パーセンタイル点)が60fpsを少し下回ってしまったが、GTX 1650よりも滑らかで安定したプレイが堪能できる点は評価したい。しかし、今回のベンチマーク条件だと、VRAMの消費量はフルHD時でほぼ4GBを使い切ってしまったのは気になる。つまり、フルHDより上の解像度ではVRAM不足によるパフォーマンス低下が避けられない状況だ。

 VRAMを4GBに絞った理由は製品のターゲットである軽めのゲームをフルHD液晶ディスプレーで楽しみたい、という人に最適化した結果だ。VRAMが厳しければ、画質を落としてVRAM消費量は4GB未満に抑えることはたやすい。とは言え、フルHDプレイでもMod盛り盛りでゲームしたいというような人は、GTX 1650 SUPERを買うのであれば予算に数千円上乗せしてGTX 1660を選んだほうがいいだろう。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中