このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第274回

GeForce GTX 1660とGTX 1650と比較

GeForce GTX 1650 SUPER、Turing GTXラストピースの実力を検証

2019年11月23日 19時45分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

FF14ベンチマークでもGTX 1660に近い性能

 もうここまで見れば傾向はだいたい掴めたが、やはりゲームタイトルでのデー タも観察しておきたい。まずは「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ」の公式ベンチマーク(以下、FF14ベンチマーク)から試してみよう。画質は「最高品質」とし、スコアーに加えて最低及び平均フレームレートもチェックする。GPUの性質上、解像度はフルHD1本でも良いが、いつも通りフルHD、WQHD、4Kの3通りで検証する。

「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ」ベンチマークのスコアー

「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ」ベンチマーク、1920×1080ドット時のフレームレート

「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ」ベンチマーク、2560×1440ドット時のフレームレート

「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ」ベンチマーク、3840×2160ドット時のフレームレート

 3DMarkのFire StrikeでGTX 1660と1650 SUPERの差が小さかったのと同様、両者の差は5%程度と非常に小さく、その一方でGTX 1650に対しては40%以上の差を付けている。解像度が4KだとGTX 1660との差は1%程度に縮まるが、これは描画負荷に対してGPUに限界が来ているだけであって、大した参考にはならない。

 平均フレームレートを見ても、GTX 1650がフルHDで63fps程度なのに対し、GTX 1650 SUPERは90fps近く出るなど、CUDAコア数やメモリー帯域を強化したメリットがしっかり生かされている。

Apex LegendsではフルHD/60fps以上が余裕

 次に「Apex Legends」を使って検証しよう。画質は全設定を最高設定とし、トレーニングステージにおける一定のコースを移動した際のフレームレートを「CapFrameX」で測定する。

「Apex Legends」、1920×1080ドット時のフレームレート

「Apex Legends」、2560×1440ドット時のフレームレート

「Apex Legends」、3840×2160ドット時のフレームレート

 GTX 1650 SUPERは、FF14ベンチマークほどGTX 1660寄りではないものの、GTX 1650に対しては圧倒的なアドバンテージを発揮、という図式は共通している。GTX 1650でもフルHDの一般的な液晶ディスプレー(リフレッシュレート60Hz)なら60fpsをキープできそうな結果が出ているが、エフェクトがバンバン飛び交う激しい戦闘シーンではもう少し重くなる可能性もある。そういった意味では、GTX 1650 SUPERのほうが60fps以上をキープしやすい。なお、144Hz駆動対応のゲーミング液晶ディスプレーで使うなら、画質をやや下げると良いだろう。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中