このページの本文へ

最新IoT&ガジェットニュース 第70回

日本上陸説浮上中のシャオミが1億800万画素カメラのスマホを中国で発売

2019年11月06日 17時30分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 中国Xiaomiは11月5日(現地時間)、1億800万画素のカメラを搭載したスマホ 「Mi CC9 Pro」を発表した。中国で11日に発売する。

「Mi CC9 Pro」

 本機最大の特徴となるのが、背面に搭載された5眼カメラ。1億800万画素の広角、2000万画素の超広角、200万画素のマクロ、1200万画素と500万画素の望遠で構成される。

作例のひとつ

 また、1億800万画素と1200万画素のカメラは、9月に発表された「Mi Mix Alpha」と同じく4軸光学式手ブレ補正を備える他、1億800万画素のセンサーはサムスン電子製の1/1.33インチを採用している。

ディスプレーは6.47型

 前面には6.47型(フルHD+)の有機ELディスプレーを備え、ベゼルレスデザインを採用する。ディスプレー上部に設けられた水滴型ノッチはインカメラとして機能する他、顔認証にも使える。生体認証としては、ディスプレー内指紋認証センサーを備える。

 バッテリーは5260mAhと大容量で、30W出力の充電器を使うと、約65分で満充電できる。

Mi CC9 Pro Aurora Green

Mi CC9 Pro Glacier White

Mi CC9 Pro Midnight Black

 カラーはAurora Green、Glacier White、Midnight Blackの3色展開となる。RAM/ROMと価格が異なる2モデルが用意され、SoCはいずれもSnapdragon 730Gを搭載する。

 6GB/128GBモデルは2799元(約4万3600円)、8GB/256GBモデルは3099元(約4万8300円)。

 全体的なデザインはライバルのサムスン電子のGalaxyや、HUAWEIのP30シリーズに似ているが、カメラの画素数を含むスペックは桁違いだ。また、Xiaomiが日本に進出をするとの報道もあり、勢いを増している。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン