このページの本文へ

最新IoT&ガジェットニュース 第103回

スマホゲームと連動するゲーミングシューズがアディダスから登場!

2020年03月13日 10時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ゲーミングシューズがアディダスから!

 スポーツ用品大手のアディダスは3月10日、スマホゲームと連動するインソール「adidas GMR」(アディダス ゲーマー)を日本で発売した。価格は4690円で、アディダス公式オンラインストアや直営店などが取り扱う。

 サイズは22.0〜31.5cmで、サッカースパイクの中に取り付けて使用する。

 本製品の特徴は、Googleが開発したセンサー技術「Jacquard」(ジャカード)を備え、高度な機械学習アルゴリズムを使い、キックやシュートなどサッカー特有の動作を計測できる。

Jacquardを搭載したタグをGMRインソールに装着すると、サッカー特有の動きを計測できる

 また、測定したデータをスマホゲームアプリ「FIFA Mobile」と連動でき、リワードを獲得したり、チームを強化させたり、といったことが可能。

スマホ(左)と、Jacquardを搭載したタグ(右)

 Jacquardは、Googleの研究部門である「ATAP」(Advanced Technology&Projects)が「Jacquard by Google」というプロジェクトのもと研究してきた技術で、生地に伝導性繊維を織り込むことで、センサーのように何らかのデータを計測したり、タッチ操作を可能にする。

 過去にリーバイスがJacquardを取り入れたデニムジャケットを、サンローランがバックパックとして製品化した。リーバイスのデニムジャケットは、袖口の部分をタップ/スワイプするだけで、音楽再生やナビゲーションなどの機能を操作できる。サンローランのバックパックも同様の操作に対応する。

 これらの製品は「スマホが手元になくても多くの機能を操作できる」という特徴にとどまっていたが、adidas GMRでは実際のサッカースキルが上がれば上がるほど、スマホゲームFIFA Mobileのチームも強くなるので、サッカー好きやゲーム好きだけでなく、練習嫌いな人のモチベーションアップにも貢献しそうだ。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン