このページの本文へ

IoT機器開発費用を定価で提供するサービス デザインから金型まで

2019年08月28日 20時30分更新

文● 阿部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 テクノラボは8月23日、IoT機器の開発を展開するスタートアップに向けたサービス「受託開発 全て定価制!」を提供開始した。

 本サービスは、プロダクト開発において不透明で分かりづらいとされるメカ・デザインにかかるすべての開発費用を、定価の価格表に従って提供するもの。

会議やブレストで予算計算が可能

 サイズや数量のほか、従来価格が不透明だったというデザインや金型を価格表から選択することで、開発にかかる金額を割り出すことができる。価格は製品開発市場において十分安価かつ適正な水準に設定しているとのことで、価格表に従うかぎり十分競争力のある開発が可能とうたう。

 これにより、スタートアップ企業は資金配分を事前に計画することができ、本来の製品開発に注力できるとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ