このページの本文へ

関東以北76箇所のSA/PAでQR決済アプリ「UnivaPay StoreApp」が稼働

2019年07月30日 10時00分更新

文● 株式会社ユニヴァ・ペイキャスト

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社ユニヴァ・ペイキャスト
株式会社ユニヴァ・ペイキャスト(以下「当社」)の「UnivaPay」は「あらゆる支払い手段を、ひとつに」をコンセプトとした国内外のQRペイメントアプリをひとつのアプリで決済できる決済システムです。 この度のプレスリリースは、(株)ネクスコ東日本リテイル(本社:東京都港区)が運営するSA/PAの「UnivaPay StoreApp」導入エリア拡大をお知らせすることが目的です。 ※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。




2018年12月14日より酒々井PAで「UnivaPay StoreApp」のAlipay/WeChatペイを先行導入いただいておりましたが、反響が大きいことから、導入エリアを拡大いただくこととなりました。
この度導入していただいたのは、中国のALIPAYとWeChatペイ、日本のd払いとPayPayの、合わせて4銘柄で、7月末頃より随時稼働しております。
導入エリアは下記の表をご確認ください。

※未対応箇所(券売機・専門店など)もございますので詳しくはスタッフにお声かけください。









当社が大規模事業者様向けにご協力できること

経済産業省が中小企業を対象に「キャッシュレス・消費者還元事業」を設立し、キャッシュレス決済の導入に必要な端末の導入費用に対して補助金を支給する制度を開始※しますが、大規模な事業者様は対象外です。
しかし、大規模な事業者様が多数のQR決済端末を一括でご導入いただける場合は、当社から安価にご提供することも可能ですので、ぜひ一度ご相談ください。
なお、今回のご導入には、Sunmi V1sにユニヴァモバイルのSIMカードをセットにしてご提供しています。
※対象期間:2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)


「キャッシュレス・消費者還元事業」とは

2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。
事業者と消費者の双方を支援することで、キャッシュレス化を推進していくことが目的です。
中小・小規模事業者は、決済端末導入時の補助や決済手数料の補助などが受けられます。
参考:https://cashless.go.jp/


(株)ネクスコ東日本リテイルとは

NEXCO東日本グループの一員として、サービスエリア・パーキングエリアの直営店舗運営業務を行う会社です。
参照:https://www.e-nexco.co.jp/company/group/retail/



UnivaPayとは




「あらゆる決済手段を、ひとつに」をコンセプトとし、当社が運営する決済サービス。

中国インバウンド対策には欠かすことのできないALIPAY、WeChatペイに対応しており、言葉の壁を感じることなく決済をすることが可能です。

QR決済システム「UnivaPay」の実店舗には、アプリ「UnivaPay StoreApp」を提供しており、ALIPAY、WeChatペイといった中国向け決済だけではなく、d払いやPayPayといった国内QR決済も対応しています。
QR決済のAPIも公開しており、独自の店舗/施設用アプリやPOSや自動販売機といった機器との連携も簡単です。
なお、ALIPAY、WeChatペイはECサイトにも対応可能です。
※「d払い」および「d払い」ロゴは、株式会社NTTドコモの登録商標です。
※「PayPay」および「PayPay」ロゴは、PayPay株式会社の登録商標です。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ