このページの本文へ

レンジャーシステムズ、低コスト・簡単にLTE通信の導入を実現するプライベートLTE通信環境のクラウドサービス「わくわくモビリティ sXGP」を2019年秋より提供開始!

2019年07月30日 14時20分更新

文● レンジャーシステムズ株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レンジャーシステムズ株式会社
モバイルネットワークの構築から運用保守とIoTデバイスの開発、製造およびサービスの開発、提供、運用までをワンストップで提供するレンジャーシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:相原 淳嗣、以下レンジャーシステムズ)は、LTEベースの新自営無線「sXGP」を活用したプライベートLTE通信環境のクラウドサービス「わくわくモビリティ sXGP」を2019年秋より提供開始いたします。


2020年の公衆PHSサービス終了や2023年のテレメタリングサービス終了に伴い、医療施設や工場・建設現場などの内線電話に利用されている自営PHSも徐々に終息へ向かうことが予想され、同品質での代替通信規格としてLTEベースの新自営無線「sXGP」が注目されています。
しかし、sXGPの導入には移動体通信系キャリアと同等の交換機設備が必要であり、技術面と費用面の双方で大きな障壁が存在します。

そこでレンジャーシステムズは、LTE通信に必要な交換機設備であるEPCをクラウド上に用意することで、「sXGP」の導入を低コスト且つ簡単に実現するプライベートLTEクラウドサービス「わくわくモビリティ sXGP」を開発しました。
お客様は弊社で提供するsXGP対応のアクセスポイントの設置及び端末の用意のみでプライベートLTE通信環境の構築が可能となります。

-「わくわくモビリティ sXGP」のサービス特長
■ 最小限の費用で導入&運用可能なサブスクリプションモデル
■ 新規設備や人員リソースを必要としない導入サポート
■ 余計な設計や開発工数を要さないシンプルな提供プラン
■ アクセスポイントの設置作業(オプション)
■ 端末販売(オプション)
■ 24時間365日の保守サポート(オプション)


■ Webサイト:https://ranger-systems.co.jp/service/connection/private-lte/

- 「sXGP」の技術特長
・ LTE準拠
・ Wi-FiやBLEとの電波干渉無し
・ sXGPアクセスポイント1台で半径約100mをカバー
・ 高品質なハンドオーバー
・ 偽装が困難なSIM認証

レンジャーシステムズは、自営PHSやWi-Fiからの置き換えをはじめ、スマートファクトリーやスマートシティなどへの導入を推進し、業務効率化や生産性向上の拡大を支援します。


■レンジャーシステムズ株式会社 会社概要
会社名:レンジャーシステムズ株式会社
代表者:代表取締役社長 相原 淳嗣
所在地:東京都港区新橋2-6-1 さくら新橋ビル6F
設立 :2007年10月
資本金:3,000万円
事業内容:ネットワーク・システムインテグレーション事業
URL :https://www.ranger-systems.co.jp/


◆本プレスリリースに関するお問い合わせ先◆
企業名: レンジャーシステムズ株式会社
担当者: 5Gインテグレーション推進室 成田、経営管理部 嶋
TEL  : 03-6257-1850
E-Mail: information@ranger-systems.co.jp

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ